Home > ユーザーサポート > よくあるご質問 > バスルーム > シーリング

よくあるご質問

シーリングにカビが付いてしまいましたが、落とせますか。

【シーリングのお手入れ】
シーリングは壁と窓枠のつなぎ目、浴槽と壁のつなぎ目、そしてドアと床のつなぎ目などにあります。

1) 塩素系カビ取り剤を、カビの生えている部分に散布します。 2) 浴室内を換気しながらしばらく置いて、シャワーでしっかり洗い流します。


※カビ取り剤は、誤った使い方をすると商品を傷めてしまうことがあります。予め目立たない場所で試してからご使用し、必要時のみで常用をお避けください。
また、ご使用される際は、洗剤に記載されている取扱説明書や注意表示に従い、用法・用量などを守ってご使用ください。
3)

シーリング付近をカラ拭きして、最後に消毒用エタノールをスプレーしておくと、再発防止に効果大。

 

表面だけでなく中にまでカビが浸透していまうと、完全には取り除けません。機能的な損傷はありませんが、修復を希望される時は、新たにシーリングを打ち直す必要がありますので、修理依頼をお願いいたします。
 →修理依頼はこちらのページをご覧ください。
 
ポイント
カビへの対処と予防
浴室のお手入れで問題なのがカビ。カビ発生の3大要素は「温度」「湿度」「栄養」。まさに浴室はカビの温床というわけですが、適度なお手入れで対処しないと、取り返しの付かない状態になってしまいます。
カビ発生の3大要素
1)温度
カビの好きな温度は20〜30℃。ですから入浴後は、浴室温度を早めに下げるのが防止策のひとつ。但し、いきなり冷水ではなく、まずは熱めのシャワーでカビの栄養となる水アカや泡汚れ、石けんカスをしっかり流し、その後、カビの生えやすい場所を中心に冷水をかけます。
2)湿度
カビが好きな湿度は70%以上。入浴後はしっかり換気しましょう。換気扇は5時間以上回しておくとよいでしょう。
3)栄養
水アカや石けんカスはカビの大好物。入浴後に飛び散った泡は、しっかりと洗い流しましょう。
カビの防止に効果的な「換気」と「消毒用エタノール」
浴室内は常に換気を心がけ、風呂フタなど小物類は、入浴後に広げて立てておくとよいでしょう。カビが生えないうちに、時々消毒用エタノールをシーリング部分に散布しておくと予防効果があります。

※文中の図や写真は代表的な機種でご紹介しています。お客さまがお使いのものとは異なることがありますのでご了承ください。

※詳しい取扱方法やお手入れ方法につきましては、お手持ちの各種取扱説明書をご覧ください。

page top