Home > ユーザーサポート > よくあるご質問 > ステンレスについて

よくあるご質問

ステンレスについて

ステンレスとは「Stain(サビ)」「Less(〜しにくい)」「Steel(鋼鉄)」を合わせた言葉で、決してサビないという意味ではなく、サビにくい性質を持った金属のことをいいます。ステンレスは、基本的に主成分の鉄にクロムが加えられており、クロムの含有量が12%を越えると耐腐食性が向上し、一般的にクロム18%とニッケル8%を加えた「18-8ステンレス」が最も代表的といわれ、弊社の主力商品であるステンレスシステムキッチンS.S.には、随所にこれを使用しています。

また、最近では、世界初のステンレス素材「NSSC FW1」が開発されました。ステンレスは従来からリサイクル率が80%以上の環境にやさしい素材ですが、「NSSC FW1」はステンレスに含まれるレアメタル(クロムやニッケル)の含有量を約46%削減した注目の新ステンレス素材です。クリンレディは環境にやさしく耐食性・加工性も高いこの新ステンレス素材をいちはやくキャビネットに採用しております。

ステンレスがサビにくいのは、クロムが空気中の酸素と結合し、表面に100万分の数ミリの厚さの不動態皮膜を作り、サビの原因となる水や空気が直接触れることがないからです。 鉄の場合

ステンレスがサビてしまう原因として、何らかによって不動態皮膜が破壊された時にサビが生じることがあります。ステンレスの不動態皮膜を破壊する作用を持つ主な物質には次のようなものがあります。

  • 漂白剤、塩素、硫酸などの薬品
  • 塩、しょう油、味噌、洗剤、減菌剤などの塩素イオンを発する物質
  • 缶詰や包丁など、ステンレス以外の異種金属を長時間おく

ステンレスをきれいに保つには、ステンレスの表面がいつも酸素にふれている状態にすることですので、汚れが付着したらそのまま放置せず、すぐに拭き取るようにしましょう。

page top