Home > ユーザーサポート > よくあるご質問 > 汚れについて

よくあるご質問

キッチンの汚れについて

キッチンの主な汚れは、油汚れ、水アカ、ヌメリになります。それぞれの汚れの特徴を理解して、部位別に適した方法でお手入れをするようにしましょう。

油汚れ
ガス機器まわりやレンジフードなどのキッチン汚れは、主に油汚れになります。油料理(天ぷらや野菜炒めなど)をすると、油は調理器具を中心として周囲に飛び散り、キッチン全体に及んでしまいます。油汚れも、付いた直後は比較的落ちやすいのですが、時間の経過や加熱の繰り返しにより樹脂のように固く変化してしまい、更にチリやホコリがついて非常に落ちにくくなります。
水アカ
シンクや水栓金具のまわりの汚れは、水滴が乾いて白くなった水アカになります。水道水には、カルシウムなどが含まれており、水滴が蒸発する際に水道水中に溶け込んでいた二酸化炭素や酸素などと結びつき、白色の固形物が出来ます。そこに水がかかると、水に溶けやすい物質が流れ、水に溶けにくい物質が残って蓄積し、水アカが形成されます。
ヌメリ
細菌などの微生物とそれらが増殖する際に出す、ヌルヌルした粘着物の集合体がヌメリになります。(排水口の周りに多く見られます。)ヌメリやニオイは微生物が原因となり、微生物は増殖が速く、掃除しても油断するとすぐに発生してしまいます。

以上のように汚れの種類は商品の部位毎に異なりますが、共通して言えることは、汚れが付着したまま放置してしまうと、簡単に落ちるはずだった汚れも固く強固なものに変化してしまい落ちにくくなってしまうということです。ですので、日頃から気づいたらお手入れをすることを心がけ、また、調理をしながら、後片付けをしながらなど「○○ながらお手入れをする」習慣を心がけるようにしましょう。

バスルーム、洗面化粧台の汚れについて

浴室(洗面化粧台もほぼ同様)の汚れは、主に湯アカになりますが、その他にカビや黒ズミ汚れもあります。それぞれの汚れの特長を理解して、部位別に適した方法でお手入れをするようにしましょう。

湯アカは、水に浮遊し、水面と浴槽の接する部分(喫水線)や洗面器などに多く付着します。湯アカの成分の主なものは、石けんカスになります。

石けんカスは、石けんや身体から出た汚れと水道水中のカルシウムなどの金属イオンが結合してできる水に溶けない物質です。この石けんカスに、皮膚の老廃物や皮脂、ほこりなどの汚れが結合したものが湯アカになります。

以上のように汚れが付着したまま放置してしまうと、簡単に落ちるはずだった汚れも固く強固なものに変化してしまい落ちにくくなってしまいます。
ですので、日頃から気づいたらお手入れをすることを心がけ、また入浴しながら、歯をみがきながらなど「○○ながらお手入れをする」習慣を心がけるようにしましょう。

page top