1. TOP >>
  2. 大野さんキッチンリフォーム

クリナップ“親孝行って、いいね!”キャンペーン

「S.S.」で、親孝行を実現しました! キッチンに立つのが楽しいのは、この扉カラーのおかげかも!

最優秀エピソード賞 福岡県 大野さん

Movie

Before → After

「古いキッチンへの不満があっても、なんとか使えるからと、我慢して使い続けていました」

ガスコンロは、押してカチカチ、あ〜点かない!なんて事もしょっちゅう。また、キッチンがリビングに対面しているので、洗い物の最中に子供たちが話しかけてきても声が聞こえず、大声を張り上げて話をしたり。レンジフードの掃除は毎回憂鬱だったし、収納が少ないので、母と同居を始めたらお互いの食器や調理器具があふれてしまいそう……と大野さん。
そんな思いから、同居を機に最新のキッチンをプレゼントして親子で仲良く一緒に料理をしたい!と、キャンペーンへの応募を決めたそうです。

大野さん「古くても思い出がたくさん詰まったキッチンですが、いろいろ不便なところが出てきていました」

いよいよ、キッチンの解体作業が始まりました!

使い慣れたキッチンの解体作業が始まりました。
業者さんが手際よく撤去作業を行い、がらんとしたスペースに次々とS.S.が運び込まれます!
お母様との新たなスタートを思い描いて決めた「かぼちゃ色」の扉カラーのステンレスキャビネットですが、この時はまだどのように収まるか不安で、大野さんもドキドキだったそう。

そして完成!かぼちゃ色のキッチンでお母さん秘伝のかぼちゃ料理を伝授してね!キッチン

「夢が実現しました!」と大野さん。お母様も「ステキ!」と大感激!

緑色の壁に明るいかぼちゃ色の扉カラーが目を引く、新しいキッチンが完成しました!「母とこれから仲良く過ごそうと思って選んだ色ですが、思った以上にワークトップのステンレスと合っていて、とても気に入りました!キッチンに立つと明るい気分になれますね」と大野さん。お母様も「ステキ!」と声をあげるほど大感激。
大野さんの説明を聞きながらS.S.に触れ、使い勝手を確かめるお母様は、とっても嬉しそうです。
新しいガスコンロは、ボタンを押すだけですぐに点火。揚げ物の温度設定もばっちりでタイマーも付いており「うっかり者の私と母にはピッタリ」と大野さん。キッチン周りにあふれていた調理器具や食器がスッキリ片付く驚きの収納力で、料理がスムーズにできるスペースも確保できました!
また、水音が静かな美・サイレントシンクにしたことで、お子さんとの会話がスムーズになったのも嬉しい驚き。手をかざすだけで水の出し止めができるタッチレス水栓には、お母様も「便利ね〜」と興味津々です。
機能を確認した後は、お揃いのエプロンでさっそく親子並んでお料理開始!できあがった「茶色のお料理」に、小学生のお嬢様も「美味しい!」と大喜びでした。

キッチンの位置は同じなのに、鍋や調理器具がスッキリ収納できたことで、こんなに広々としたスペースが!

「すごい収納ね。お皿がまだまだ入るわ!」
と、引き出しを確認するお母様。

お母様に洗エールレンジフードの説明をする大野さん。
「お湯をセットすると自動で中を洗ってくれるのよ」

ツールコンテナの収納力におふたりとも感心しきり。
「土台部分に、こんなに広い収納場所があるのね!」

手をかざしてタッチレス水栓の機能を確かめながら「水音が響かないわ」と、美・サイレントシンクに感心するお母様。

「五徳の掃除も簡単なので、大胆にお料理できますね」と、大野さん。

料理をつまんだお嬢様の「美味しい!」の一言が嬉しい!

エピソードにも登場した、お母様の作る「茶色のお料理」が完成。ヘルシーで栄養満点、そして美味しい!自家製梅酒が隠し味なのだとか!

リフォームを終えてのご感想を伺いました

料理をする時以外でも、母と一緒にキッチンでコーヒーを飲んだりお菓子をつまんだり、ふたりともリビングより寛いでいます。
このキャンペーンに応募しなければ、母に優しくすることも照れくさく、お互いに不機嫌な親子のままでいたと思います。今ではわだかまりも解け、母との関わり方が大きく変化しました。
S.S.という立派なハードは用意していただいたので、次はソフト面での親孝行をしたいですね。母が同じ話を繰り返しても聞いてあげる、ケンカになっても私から折れてあげるとか……できるかなぁ(笑)。