「はなちゃんのみそ汁」とは

日本のキッチンを考えるクリナップは、映画「はなちゃんのみそ汁」で伝えたい
			「生きること」「命の意味」「食の大切さ」に共感し、協賛いたします。

「はなちゃんのみそ汁」とは

小学3年生のはなちゃんは毎朝みそ汁をつくる。5歳の誕生日からの日課だ。「食べることは生きること。1人でも生きられる力を身につけて」と、33歳で亡くなった母・千恵さんと約束したから――。20代で乳がん、結婚・出産をへて肺がんに転移という過酷な運命のなか、千恵さんがあかるい博多弁で綴った人気ブログ「早寝早起き玄米生活」。さらに、夫の信吾さんが、余命を覚悟した千恵さんが娘に遺した食と躾、はなちゃんと2人家族になった現在までを描きます。
文藝春秋社 紹介ページより)

はなちゃんのみそ汁

映画化にあたり

子供が自ら料理することで自立と健全な成長につながるとする「弁当の日」。当社は「弁当の日応援プロジェクト」に参加し、推進活動の一環としておこなわれる講演会で「はなちゃんのみそ汁」が紹介され、多くの人の胸を熱くしてきました。 健康、家族の団欒、良好なコミュニケーションなど「食」は命をつなぐ大きな役割を担っています。クリナップはこの映画が、キッチンで料理をする大切さ、家族で食卓を囲む温かさをもう一度見つめ直す機会となるよう応援していきます。

映画概要

タイトル
「はなちゃんのみそ汁」
キャスト
広末 涼子 滝藤 賢一 一青窈
主題歌
一青窈
原作
安武信吾・千恵・はな「はなちゃんのみそ汁」(文藝春秋)
監督/脚本
阿久根 知昭
配給
東京テアトル株式会社
公開
2015年12月公開予定

Page Top