Home > 料理アカデミー > 食の科学

キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー

「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」では、“食”を多面的に捉えるために、文化(郷土料理)、美学、科学、健康、安全、食育といった様々な切り口からテーマを設定し、それぞれ講義でテーマに関する知識を学び、料理実習で実践し理解を深めるという2部構成になっています。

トップへ

2限目 食の役割


A.金槙L丁(チンクウペイティン)〜きのこと貝柱の和え物〜

【材料】(4人分)

貝柱…160g シメジ…80g アスパラガス…60g プチトマト…20g クレソン…20g <a>  ショウガ…4g  塩…小さじ2/5(2.4g)  砂糖…小さじ4/5(2.4g)  酒…大さじ4/5(12g) ※酢でもおいしい  ゴマ油…大さじ5/6(10g)  サラダ油…大さじ5/6(10g)

作り方

貝柱は丁<ティン/角切り>(4等分程度)に切る。

アスパラガスは固い部分の皮をむいて、4〜5cmの斜め切りにする。シメジは石づきをとってほぐしておく。ショウガはみじん切りにする。

貝柱は、少量の熱湯で少しずつさっと茹でる(火を通し過ぎないように注意する)。すぐに冷水に取り、冷えたら水から取り出しておく。続いてアスパラガスを色良く茹でて冷水に取る。シメジもさっと茹で、茹で上がったらざるに広げてすばやく冷まし、軽く塩(分量外)を振る。

<a>の材料をボールに入れてよく混ぜ、そこに水を切った(3)をすべて入れてよく和え、冷蔵庫で冷やしておく。

器の中央に(4)を盛り、周囲に適宜に切ったプチトマトとクレソンを飾る。

page top