Home > 料理アカデミー > 食の科学

キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー

「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」では、“食”を多面的に捉えるために、文化(郷土料理)、美学、科学、健康、安全、食育といった様々な切り口からテーマを設定し、それぞれ講義でテーマに関する知識を学び、料理実習で実践し理解を深めるという2部構成になっています。

トップへ

2限目 食の役割


D.リンゴのヨーグルトケーキ

【材料】(4人分:21cmパイ皿)

リンゴ(大)…1個 …2個 砂糖…80g プレーンヨーグルト…200g アーモンドプードル…20g 小麦粉…30g

作り方

リンゴを4等分にして芯を取り、皮をむく。それぞれを5〜6枚(図参照)に切り、バラバラにならないように気をつけながら塩水に漬ける。

ボールに卵を入れて泡立て器で溶きほぐし、振るった砂糖を加えて混ぜ、ヨーグルトを加えて混ぜ、アーモンドプードルを加えて混ぜ、振るった小麦粉を加えて混ぜる。

パイ皿に(2)の1/2を入れ、リンゴを1/4ずつ塩水から出してキッチンペーパーで拭いてから放射状に重ねて並べ、(2)の残りを上から掛ける。

190℃(電気オーブンの場合は220〜230℃)に予熱したオーブンで30分ほど焼く。

1/4に切ったリンゴをまな板の上に置いて、上から見た絵。

☆タルト生地を下に敷くとまた違ったおいしさがある。その場合は、生地を型につけて1回焼いてから用いる。市販のパイ生地(フレンチパイの生地)でもよいが、タルト生地(アメリカンパイ生地)のほうがおいしい。

page top