KITCHEN TOWN NAGOYA STEDIAクッキングスクール カラダが喜ぶエイジレスレシピ篇 エイジレス×ボディデザイン 食をデザインして楽しむ、心ときめくエイジレスレシピ KITCHEN TOWN NAGOYA STEDIAクッキングスクール カラダが喜ぶエイジレスレシピ篇 エイジレス×ボディデザイン 食をデザインして楽しむ、心ときめくエイジレスレシピ

エイジレス×フードデザイン 食をデザインして楽しむ、心ときめくエイジレスレシピ 参加者

What is ? イベント説明

エイジレスなキッチン「STEDIA(ステディア)」の誕生を記念して、
全国3ヶ所でスペシャルクッキングスクールが開催されました。名古屋会場の講師は、
ジャーサラダなど、トレンドの仕掛け人としても有名な、料理研究家の岸田夕子さん。
ご参加いただいたお客様12名と「エイジレス×フードデザイン」を楽しく、おいしく、学びました。
ここでは、その特別な時間の一部をレポートします。

岸田 夕子 先生

担当講師 岸田 夕子 先生

料理家、料理研究家。
アメリカシカゴに16年間暮らし、滞在中にレシピ公開をスタート。
2010年に帰国後、正式に料理研究家として活動。ジャーサラダ、
スキレットなどのトレンド仕掛け人としても知られ、テレビや雑誌、
書籍の出版など幅広く活躍。近著「ゴーゴー!バーガー(GO!GO!BURGERS)」(イカロス出版)も好評。

トレンド仕掛人、岸田先生に聞く! トレンド仕掛人、岸田先生に聞く! エイジレスに生きる
パワーの源は?

レポートイメージ

皆さん、ようこそお越しくださいました。本日の司会をつとめます、クリナップ おいしい暮らし研究所、所長の手塚です。特別講師の岸田先生は、ご存知のとおり、ジャーサラダやスキレットなど、トレンドの仕掛け人としても有名です。常に時代を先どり、活躍し続けるエイジレスな生き方は、本当に素敵ですね。 そのアイデアやパワーは、いったいどこから生まれてくるのでしょうか?

シカゴで暮らした16年間の影響が大きいですね。アメリカはジャンクフードのイメージがまだ強いでしょうか?でも、肥満などの社会問題もあって、健康的な料理への関心も高いんですよ。その一部が、私が紹介した、ジャーサラダだったり、スキレットだったりして。現地で人気の「食」を思いきり楽しみながら、日本に発信していたら、自然と大きなブームに育っていきました。実は 内緒ですけど…

レポートイメージ
レポートイメージ

私は自分のためだけに料理をする気には、全然なれないんですよね。料理研究家ではありますが、やっぱり誰かが喜んでくれないと!娘たちも自立した今、読者の皆さんの笑顔は、私のエネルギーの源であり、宝物です。ですから、クリナップさんのおいしい暮らし研究所が、キッチンを通して、家族を笑顔にするための研究・分析をしていると聞いて、とても共感しました。
大きくうなずくお客様方。いよいよ次はデモンストレーションに移ります!

ステディアでつくる!
シカゴ風エイジレス・レシピ

今回は「エイジレス」をテーマにレシピをデザインしてきました。『ザクロとピーカンナッツのケールサラダ』『ラムチョップのスキレットトマト煮』 『ソテープルーンのグラノーラアイスクリーム添え』の3品です。早速、アツアツに熱したスキレットでラム肉を焼いていきましょう!スキレット料理は、おいしく焼けるだけじゃなくて、お鍋からの鉄分もとれるのが魅力です。

レポートイメージ
レポートイメージ

30分ほどでお料理が完成!クリナップからオーガニックのスパークリングワインがふるまわれ、いよいよ試食がスタートです。
「ケールやザクロなど、内側からキレイになれる食材をたっぷり使いました」と岸田先生。お客様は「これで美肌になれちゃうかな?」と大満足!最後のひと皿が運ばれてくると、歓声が…?

レポートイメージ

最後に運ばれてきたのは、デザート!お客様たちからは、自然と歓声がわき上がりました。
自家製グラノーラはカカオニブやナッツなどのスーパーフード入り。からだに嬉しいスイーツで、幸せな余韻が残ります。
「ステディアのシンクは水が流れやすいよう計算されていて、後片付けもすごく楽ちんでした!」と岸田先生もご満悦でした。

ショールームでは、
エイジレスなキッチン
の秘密を公開!

大満足の試食が終わったら、ステディアのショールームへ移動です。専任スタッフが特別な展示を使って、ステンレスキャビネットの内側を公開!「キッチンの中まで上質なステンレスを使っています。だからサビや汚れ、傷に強く、何十年たっても、内側までキレイが続くんです。」お客様は写真をとったり、実際に触ってみたりと、興味津々のご様子です。

レポートイメージ
レポートイメージ

続いて収納の解説がスタート。今や当たり前になっている、スライド式収納や足元まで有効活用した、引出し式収納を採用したのは、実は、クリナップが日本初だそう。隅々までスペースをムダなく使えるアイデアがいっぱいで、お客様からは熱視線が!岸田先生も「職業柄、調理器具が多いので、これは助かりますね。」と感激していました。

イベント終了後、ショールームがこんなに楽しいなんて知らなかった」「普段料理はしないけど、やってみたくなりました」など、嬉しいお声が届きました。 「ステディア」は全国数カ所のクリナップショールームでご覧いただけます。ご興味のある方はお近くのショールームへ、お気軽にお越しください。

Page Top

閉じる