Home > 山田周生のグローバル・ジャーニー > 第3回
山田周生のグローバル・ジャーニー
山田周生のグローバル・ジャーニーTOP
山田周生のグローバル・ジャーニー
前回のページへBACK
次回のページへNEXT
第3回 「砂は命を生かす」
砂漠に行くたびにいつも元気になる。そこに行けばエネルギーが充電できるからだ。それは砂漠がもっともプリミティブな自分に出会える場所でありパワースポットだからなのだろう。
第3回 「砂は命を生かす」

仕事がら秘境と言われる場所に行くことが多い。長い緊張が続き、ストレスの多い取材の後は心身をリフレッシュするために砂丘に行きたくなってしまう。普通の人は砂丘にいくと聞けば、冒険にでかけるのでは、と思うことだろうが、僕の場合、砂丘は癒しの場所なのだ。それは砂丘に行くと心と体がリセットできるからだ。先日もアメリカの西海岸、カルフォルニア州と面するメキシコ国境周辺にある大きな砂丘地帯に行って来た。
ここに通うようになってからほぼ10年が経つ。5月後半から9月上旬の間はあまりの暑さでアメリカ人もこの時期は足を踏み入れないが、だからこそこの時期に遊びにいくようにしている。今回僕は砂丘をバイクで走るというデザートキャンプを主催した。友人達とロサンゼルスで待ち合わせてキャンピングカーとピックアップトラックをレンタルし、さらにバイクなどの遊び道具を積んで目的の砂丘へ6時間ほどかけて到着。


初めてこの砂丘に来た者はこの砂丘を横断するデザートウォークを体験してもらうようにしている。というのは砂丘を体感してもらいたいということもあるが、ここで遊ぶためのサバイバル術を身につけておいてもらう必要があるからだ。一歩砂丘群に入り方向感覚を失ったら簡単に迷子になってしまうのだ。
まずは、ウォークの前にコンパスの使い方、GPSの使い方を覚えてもらい、砂丘の中にあるいくつかのチェックポイントを通過してゴールを目指す。あくまでもゲーム感覚で砂丘を歩いて楽しんでもらうというのが第1の目的だ。
持ち物は各自キャメルバック(歩きながら手を使わずに簡単に水を飲め、携行しやすいもの)に氷と水または好きな味のスポーツドリンクを入れ、コンパスと地図、サングラスとキャップ、さらに非常時用の無線機とGPSを持参してもらう。砂丘を実際に歩いてみると柔らかく砂が崩れやすいところ、固く絞まったところなど変化があり以外とまっすぐ歩くのは難しいもの。砂丘の歩き方のヒントは自然に逆らわない、闘わないということだ。
このウォークは僕がパリダカールラリーを追って走っているときサハラ砂漠で車が故障してコンパスとGPSを使って近くの村まで5日間、140km歩いて助かった、その貴重な体験に基づいている。この砂丘横断は約10km以下とサハラに比べて小規模だが緊張感とワクワク感は充分味わえる。また達成感があるためか、リピーターの希望者が多い。以前、子連れで参加した人もいた。その子供はアトピーだったが、症状が軽くなったというような事も有った。僕の経験上、砂漠にはパワースポットが多い。また、乾燥しているため電波も飛びやすいし、紫外線や宇宙からの色々な電波が降り注ぐ場所でもある。
厳しい環境であり、生とは反対な場所だからこそ、そこに命ある者が入ると細胞が生きようとするのか、免疫能力がアップするのだろう。僕の場合砂漠から戻ると肌がすべすべになるし、呼吸が楽になり、声も大きくなっていることに気がつく。とにかく体全体の調子が良くなることは確かだ。
また、砂漠で食べる食事は格別だ。どんなものも美味しく感じてしまう。

砂漠での食事はキャンピングカーに積んだ水を大切に使って作るのだが、内容は簡単なステーキやパスタが中心。そんな食事にそろそろ飽きてきたころ、仲間の女の子が冷やし素麺をつくってくれた。
灼熱の砂漠で冷やし素麺を食べた時は感動もの。仲間たちは日焼けした顔に満面の笑みを浮かべて素麺をお代わりする。冷たい水がたっぷり使えることの幸せ、水の美味しさを改めて味わった瞬間。

命を生かすこの砂丘は僕にとって自然界のリビングでもあり寝室でもある。何もないと思う砂漠での生活も見方を変えればすべてを手にいれられる魔法の空間。
砂と友だちになれば最高の住居に早変わり、やっぱり砂丘はやめられない。
「生きてて良かったー!」とつい叫んでしまいたくなる。なにもないところだからこそ水や食の存在、人の存在、命が浮き立つ。日本にいるときには「気にもとめなかったあたりまえの体験一つ一つが大きな意味のあることに気づかされる。食後は食器を砂で洗うのだがこれが綺麗に簡単に汚れが落ちるからすごい。砂はとても清潔で神聖なものなのだ。そうそう砂丘の上で寝袋を広げて360度全開星空を見て寝るのは最高に癒される時間。

GPSとは

GPS(グローバル・ポジショニング・システムの略)は米国防総省によって軍事目的で開発された地球の周りを正確な軌道で1日に2回まわる27個の人工衛星から地球に情報を送ってくれるシステムのこと。3つ以上の人工衛星から自分の持っているGPS受信機に送られてくるシグナルの到達時間で自分と衛星との距離を割り出し、三角測量を使って自分が地球上のどの位置にいるかを瞬時に知ることができるもの。

BACK 山田周生のグローバル・ジャーニーTOP NEXT
page top