正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

プロのコツ教えます! ぴかぴかお掃除計画! キッチンとバスルームの「お掃除のコツ」と「お手入れのヒント」がまるわかり!

加熱機器

ガスコンロ、IHクッキングヒーターともに、焼きついてしまった汚れは
落とすのが困難。使った後のサッとひと拭きを習慣づけましょう。

ガスコンロ/バーナーキャップ

1バーナーキャップの目詰まりをチェック。焼き焦げなどが詰まっていたら竹串などで取り除きます。

2センサー部の汚れを水拭き。こびり付きが落ちなかったら歯ブラシでこすります。

3外せる部品をゴミ出し用のビニール袋に入れ、台所用中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けて一晩。しつこい汚れも落ちやすくなります。

4水で洗剤を流してからカラ拭きし、元にもどします。

ココがコツ!

排気口は、水で洗剤を流しカラ拭きしてから、割り箸に布を巻き付け輪ゴムで留めた手づくり道具が便利です。

ガスコンロ/トッププレート・五徳

5汚れがこびりついたトッププレートは、キッチンペーパーに台所用中性洗剤を染み込ませ、トッププレート全体に湿布。汚れが浮き出てきたらペーパーでぬぐい取ります。

6汁受け皿や五徳などは台所用中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けてしばらく置き、スポンジなどでこすります。

7トッププレートも含めて洗剤をキレイに洗い流して、カラ拭き仕上げをします。

IHクッキングヒーター

1こんなふうにこびりついたら、水拭きや台所用中性洗剤ではなかなか落ちません。

2まずはクリームクレンザーをスポンジに付けて、やさしくこすります。

3それでもだめならラップしてしばらく置き、そのまま ラップでこすります。最後に水拭き・カラ拭きで仕上げましょう。

4ゴムパッキンの部分はエタノールをスプレーしておくと、汚れ発生の防止になります。

毎日のお手入れ

1使い終わって、まだ冷め切らないうちにサッと水拭きしましょう。

2バーナーリングも汚れていたら拭き取ります。

お掃除アイテム紹介

加熱機器 飛躍的に機能が進化したガスコンロ。火を使わないIHクッキングヒーター。コンロ選びは、熱源を決めることからはじまります。

page top

Page Top