クリナップを知る

「システムキッチン」の生みの親「システムキッチン」の生みの親

今ではスタンダードになっている、シンク・調理台・コンロ・収納などを一体成型することで継ぎ目なく作られているシステムキッチン。

システムキッチンはクリナップが日本で初めて作り、「システムキッチン」と名づけ、「キッチンといえば、クリナップ」とまで言われるようになりました。

総合住宅機器メーカーが増えていく中で、クリナップは「キッチンのリーダー」であり続けるために研究を重ね、技術やアイディアでキッチン作りを続けてきたのです。

最近では、キッチンを中心として、日本の食・住文化を豊かにしていく活動にも取り組んでいます。これからも、クリナップは「キッチンの真のリーダー」として挑戦を続け、キッチンから笑顔を届けます。

クリナップのモノづくりクリナップのモノづくり

1960年からステンレス流し台の製造販売をしてきたクリナップは、それまでの技術とノウハウの蓄積から、今日まで様々な日本初や業界初を生み出してきました。

1968年

業界初

深型シンクのステンレス流し台を発売
1973年

日本初

システムキッチンを発売
1975年

業界初

側板や背板・底板までがステンレスの
ステンレスキャビ流し台を発売
1978年

日本初

ステンレスキャビネット・システムキッチンを発売
1998年

業界初

オールスライド収納のステンキャビシステムキッチンを発売
2007年

業界初

フィルターを自動洗浄する洗エールレンジフードを発売
2013年

業界初

特殊コーティングとエンボスによる油汚れや傷に強いワークトップ(天板)を発売
2015年

業界初

底面を従来とは逆の手前側に傾け、手前から排水口に向かって水路を設けた新発想のシンク形状、流レールシンクを発売

常にニーズを取り入れながら、時代の最先端を走り続け、業界を牽引し続けています。
また、システムキッチンの開発技術を活かし、「住生活空間を創造する企業」として、システムバスルームや洗面化粧台の企画開発・製造・販売も手がけています。

法人営業のおもしろさ法人営業のおもしろさ

営業所を124カ所、ショールームを103カ所もつクリナップですが、商品を販売する先は、最終的にご使用いただくお客様(エンドユーザー)ではなく、代理店、販売店、工務店、リフォーム店といった流通業者、ハウスメーカー、ゼネコンなどです。従って、営業先も個人ではなく法人になります。

代理店、販売店、工務店やリフォーム店などへの営業はルート営業と呼ばれ、戸建て住宅がメインです。とはいえ、建築主であるエンドユーザーと接点を持つこともあり、直接感謝の言葉を聞ける機会も多く、やりがいに繋がります。ハウスメーカーへの営業はハウス営業と呼ばれ、ハウスメーカーのコンセプトに合わせた商品提案を行うのが魅力です。マンションやビルなどを扱うゼネコン・ディベロッパーへの営業は直需営業と呼ばれています。1つの成約が大きな金額を動かす分、やりがいも大きくなります。

私たちはそうしたパートナーを通じて、エンドユーザーに対して価値を提供しています。営業は、パートナーにいかに自社の商品を気に入ってもらい販売してもらえるかが鍵ですので、長い付き合いの中でより良い関係を築き、リピーターとなっていただけるよう努力を続けているのです。

法人営業法人営業

クリナップについて

Page Top