リフォーム

どんな時にリフォームする?

どんな時にリフォームする?(イメージ)

それぞれのご家庭にリフォームのタイミングがあります。家族構成や年齢の変化で、「なんとなくキッチンが使いにくい」「もう少しお風呂が広いといいな」と感じた時。

また、今後は地球温暖化でなどの環境の変化なども考えられるでしょう。様々な変化がリフォームのタイミングとなります。

家族の成長に合わせたリフォーム

日々の暮らしの中で、食材や食器、調理器具や日用品はふえていくもの。使い始めたときは広々していたキッチンも、今では収納スペースに困っていませんか?

最初に手に入れたときにはまだ新しく、広さも十分であったはずの我が家も、長く住み続けると、いつのまにかさまざまな問題が浮かび上がってきます。

キッチンリフォームのタイミングは?

特にキッチンまわりには、大きな問題が出てくることでしょう。家族構成の変化によって、使いやすいキッチンも変化していきます。例えば、夫婦二人暮らしのときには使い勝手もよく、収納もまったく問題のなかったキッチンであっても、子供たちが成長してくると食材や食器だけでなく、調理器具や日用品もどんどん増えていき、収納するスペースが足りなくなってきます。また、調理スペースも少し手狭に感じることもあるでしょう。それが、リフォームのタイミングの訪れです。

暮らしを楽しむキッチンに!

「収納スペースが少し足りないかも」と感じたことがある方は、デザインだけでなく、無駄のない収納力のあるキッチンに。夕食前、料理を作りながら、帰宅してきた子供たちとその日にあった出来事などを話してコミュニケーションを取りたいという方は、対面キッチンにリフォームするというのもいいかもしれません。空間の在り方を変えていくことで、成長した家族ものびのびと暮らしを楽しむことができるようになります。

 家族みんなが笑顔になるキッチン 「クリンレディ」はこちら→

ライフプランに沿ったリフォームを!

リフォームは、快適な人生を送るための人生設計のひとつです。問題が出てきてから慌ててリフォームを考えるのではなく、長期的なライフプランに沿ってリフォームを考えるべきでしょう。家族みんなでリフォームを楽しみながら、家も大切に成長させていきたいですね。

加齢に配慮したリフォーム

出入り口の段差につまづいて"ドキッ"としたことがある。 高い位置や低い位置にある収納庫の奥のモノを探したり、取り出したりするのがつらい。そんなお悩みはありませんか?

人は誰でも少しずつ歳をとっていきます。いつまでも自立して、快適な生活を続けていくためにも、加齢に伴う身体状況の変化に合わせたバリアフリーリフォームは必須といえるでしょう。

浴室のリフォームのポイントは「明るさ」と「温度差をなくすこと!」

手すりを設置して屋内の移動経路(動線)をしっかりと安全に確保することはもちろんですが、歳を取ると浴室出入り口の段差をまたぐことは、大変な動作になります。浴室は滑りやすい空間でもあるので、転倒を防止するためにも、段差をなくしたフラットな出入り口や入り口から浴槽まで手すりを取り付けた浴室にリフォームすることをお勧めします。視力も低下するので、浴室空間の「明るさ」にも配慮しましょう。また、家の中の温度差は、血圧変動によるヒートショックを起す原因に。温度差の少ない住まいづくりをめざしましょう。

 入浴前に浴室を素早く温める 「アクリアバス」はこちら→

キッチンも「加齢に配慮すること」が大切!

キッチンのリフォームも考える必要があります。収納スペースの奥にしまってあるものを取り出そうとするとき、歳を取ると腰を曲げて探すという行為も大変な動作になります。また、いすなどを用いてキッチン棚の高いところにあるモノを取るのは危険ですので、開き扉から出し入れがラクなスライド式収納や電動で手の届く位置に下りてくる吊戸棚が完備したキッチンにリフォームすると良いでしょう。バリアフリーリフォームをすることで、より快適な生活を続けていくことができます。

早い時期から将来設計を!

老後のライフスタイルを豊かにするためにも、リフォームを上手に進めていくことが大切です。早い時期から自分自身の将来設計を考えておくとよいでしょう。人生の流れに沿ってリフォームを積極的に活用し、安心で快適な老後に備えましょう。

地球と人にやさしいエコロジーリフォーム

地球にも人にもやさしいリフォームがしたい。 そんな方にお勧めなのが、経済的でエコロジーにも配慮したキッチン。デザイン性にも優れたエコロジーリフォームをしてみてはいかがですか?

これからのリフォームを考える上で、省エネは大切な配慮ポイントのひとつです。暮らしのエネルギーを削減するという経済的なテーマとともに、大気汚染や地球温暖化などの環境問題に配慮するためにも、それぞれの家庭での省エネ対策は大切なのです。

家計にもやさしいエコロジーリフォーム

家庭での省エネ対策は地球環境にやさしいだけでなく、家計にもやさしいのです。例えば、水の消費量。食器洗い乾燥機を使用すると手洗いの約1/5〜1/7 の水量で食器を洗うことができます。また、センサー式の水栓がある洗面化粧台は、歯磨き時などに水の出しっぱなしを防ぐことができるので、節水につながります。

エコロジーリフォームのポイントは、「断熱構造」!

住まいの断熱性や気密性を高めていくことも大切です。家からの熱の出入りを防ぐことで冷暖房費が節約できるのはもちろん、結露が防げるというのも大きなメリットです。浴室のリフォームの際に断熱構造に優れたシステムバスを導入するなど、温度差のない住環境は地球と人にやさしいのです。

ステンレスは「地球と人」にやさしい!

最近はステンレスの製造技術も進化し、お掃除やお手入れも以前より簡単にできるようになったものが多く登場しています。従来のステンレス製シンクはクレンザーなどを使用して、磨き方にも注意が必要でしたが、最新のステンレス製シンクは少ない量の洗剤でお手入れできるので、環境にもやさしいものになっています。また、最新のステンレス製シンクは磨き方にもそれほど注意しなくてすむので、お手入れがとってもカンタンです。ステンレスは再利用できるので、他の原料に比べて環境にとってもやさしく、水や熱に強い素材です。環境とお手入れのことを考えて、新技術のステンレスを使用したキッチンにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

ステンレスを駆使したキッチン 「S.S.」はこちら→

Page Top