正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォーム

お手入れのラクな機能を選ぼう〜かしこい装備選び

「お掃除のしやすさ」もかしこい選択のポイント!

湿気の多い浴室は、湯あかやカビが大きな悩みです。お風呂はいつも清潔でピカピカに保ちたいけど、日常の浴室掃除は面倒という方もいるのでは?そんな方に強い見方!最近の浴室は、汚れにくい素材を使用し、掃除しやすい形状を採用しています。日頃のお手入れをカンタンにして、バスタイムをエンジョイできる浴室づくりをしましょう。

汚れがつきにくい素材を選ぼう!

浴室の排水口は汚れが一番たまりやすく、こまめにお掃除をしなければなりません。システムバスは排水口に特殊コートを施したステンレスヘアキャッチャーを採用。ステンレス製なので汚れがしみ込まず、簡単にキレイになります。

 縦の継ぎ目がないのでお掃除カンタン 「横組パネル」はこちら→

キャビネットが手入れのしやすいステンレスなら、さっと拭くだけでキレイが長持ちします。

 ステンレスキャビネット洗面化粧台「 S[エス] 」 はこちら→

お手入れいやすい形状にも注目

浴室の床には、乾燥が早く、汚れもつきにくい素材のものが最適です。最近では、細かな溝加工で水ハケを良くし、スポンジなどで軽くこするだけで汚れがカンタンに落ちる床材を使用したシステムバスも登場しています。

従来のフロア:溝までスポンジが届かず、汚れが残る

足ピタフロア:溝までスポンジが届いて、汚れを残しません。

 汚れが残りにくいフロア「足ピタフロア」はこちら→

Page Top