リフォーム

リフォームする時の商品選びのコツ!/キッチン編

 リフォームするなら、知っておきたいこと

キッチンのリフォームで大切なのは、「作業導線」と「身体に合ったキッチンサイズ」と「収納の位置」に配慮することです。

キッチンが使いづらい・・・というお悩みをお持ちのご家庭は、まず「作業動線」を見直してください。
作業動線というのは、“作業する人の動きを示す線”のこと。作業動線が短いほど、キッチンは使いやすくなります。無駄な動きをなくすためには、例えば冷蔵庫とシンクを近い位置に設置するなど、作業動線を短くする工夫が必要でしょう。このとき、キッチン自体も使用する方の身体に適したサイズを選ぶことが大切です。大きすぎたり、背が高すぎたりするキッチンでは、作業動線が長くなってしまいます。作業動線を考えて、いつでも快適に作業できるシステムキッチンをめざしましょう。

また、キッチンリフォームで解決したいのが収納の悩み。でも収納スペースを確保するだけでは問題は解決しません。かしこい収納計画のポイントは“しまいこむ収納ではなく、使うための収納”。 よく使うものは取り出しやすく、普段使わないものは分かりやすく整理すれば、収納は何十倍にも活躍します。ぜひ、“収納上手”なシステムキッチンを実現させてください。

賢い装備選び

キッチンを新しくするなら、やっぱり最新の装備を取り入れたいですね。でも、自分に使いやすいモノを選ぶことも大切。
いろいろなタイプがあるシステムキッチンの装備を比較し、特長などを理解して、自分のスタイルに合った装備を見つけてください。

 業界に革命をおこしたクリナップならではの収納術

Page Top