正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォーム

自分や家族に合った 我が家のキッチンサイズを
割り出そう!!〜リフォームするなら知っておきたいこと 

使いやすいキッチンは、自分の身体にピッタリサイズのキッチン!

システムキッチンは日本人の平均的な身長など、データや人間工学に基づいた設計がされています。でも、ピッタリくるサイズは、人それぞれに違うもの。標準のサイズをもとに、ショールームで実際に商品に触れるなどして、自分や家族に合わせた寸法を割り出すことが大切です。

自分にあった高さと寸法を見つけましょう

キッチンの高さ

少し前までキッチンの高さは80cmが主流でしたが、最近では日本人の平均身長が伸びたこともあり、85cmが主流になっています。キッチンの高さは、高すぎても低すぎても使いづらいものです。
 
目安は「身長÷2+5cm」の計算で割り出せますが、ショールームなどで実際にシステムキッチンの前に立って高さを合わせることをお勧めします。

キッチンの寸法

システムキッチンの各スペースの理想的な寸法は、
 
・準備スペースが30cm〜75cm
・シンクが60cm〜120cm
・調理スペースが60cm〜90cm
・配膳スペースが30cm〜90cm
 
とされています。
全体の間口を確保できない場合でも、
調理スペースやシンクは確保したいものです。

通幅の目安

システムキッチンの後に食器棚を置く場合は、物を持った人(幅75cm)が作業している人(幅30cm)の後ろを通れる105cmの通路幅が目安になります。
 
また作業性の面からみても、80cm以内だと圧迫感を感じ、140cmを超えると作業動線が長くなり使いにくくなることから、105cmくらいが平均的であるといえます。

Page Top