正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォーム

キッチンのレイアウトは、動線を基準に考えて!〜リフォームするなら知っておきたいこと 

レイアウトなどを工夫して、快適な「キッチン空間」を確保しましょう! キッチンでの作業動線を短くするためには...

  • 水まわり
  • 火まわり
  • 冷蔵庫
  • 収納エリア

の4つのエリアのレイアウトを工夫することが大切です。この4つのエリアを結ぶ作業動線が、システムキッチンをより使いやすくするためのポイントです!

作業の流れを意識したプランニングが大切です。

キッチンではさまざまな作業を一連の流れの中で行います。その流れをスムーズにするためには、作業動線("作業する人の動きを示す線")をなるべく短くしたり、動線が交差するのを少なくしたりすることが必要です。無駄な動きを無くして、調理のはかどるシステムキッチンにしましょう。

作業の流れを意識したプランニングが大切です。

キッチンスペースを構成する「水まわり」、「火まわり」、「冷蔵庫」、「収納エリア」を最小動作で動けることが、効率の良いレイアウトであるといえます。四角形の4辺がそれぞれ1.2m〜1.8mで、4辺の合計が4.8m〜7.2mまでが使いやすい長さです。

Page Top