正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォーム

キッチンのムダをなくすデッドスペース解消術 クリナップならではの収納術

デッドスペースをなくすのも、収納プランのポイント!

食器棚の上、ワークトップ下の収納の空きスペースやコーナーや隙間など、キッチンには活用されていないデッドスペースがたくさんあります。かしこい収納プランのもうひとつのキーワードが、この「デッドスペース」。

これまでムダになっていた空間を有効活用する、新しい発想の収納システムが続々登場しています。収納名人をめざすなら、デッドスペースを解消できる装備を選択しましょう!

デッドスペースが体感できます! 「お近くのショールーム」はこちら→

ポイントは縦方向の空間を使い切ること!

フロアコンテナでキャビネット内を有効活用

足元のスペースを、収納として有効活用する「フロアコンテナ」。キャビネット内上部の空間も使い切る、システムキッチンの新しいカタチです。ストック品や普段はあまり使わない大型の鍋、ホットプレートなど、重くて大きなモノもすっきり収納できます。

フロアコンテナ

上部の溝全体が取手です。床から23cm※と高い位置なので手が届きやすく、開け閉めがラク。※キッチン高さ80cmの場合は18cmです。

フットエリアを活かした 「フロアコンテナ」はこちら→

ツールコンテナ

収納しているものをひと目で確認できる引き出しタイプなので、出し入れはスムーズ。

 究極の道具箱「ツールコンテナ」はこちら→

食器棚周辺の空間にも、デッドスペースがある

食器棚の上部やワゴンやごみ箱の上などには、使われていないスペースが残っているものです。天井まで使い切る「システムエリア収納」ならば、スペースを上手に使い切れます。

L型キッチンのコーナー部は、「ワゴン」で活用!

デッドスペースになりがちなL型キッチンのコーナー部にワゴンをセット。三角のスライド式トレーと組み合わせて、コーナー部の空間を使い切ります。

コーナーキャビネット

普段よく使うキッチンツールをまとめて収納できます。

 コーナーの収納に便利な 「コーナーキャビネット」はこちら→

Page Top