正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォーム

リフォームの流れ

リフォームはしたいけど、具体的にどのような手順を踏めばいいのかがわからず、なんとなく不安という方も多いことでしょう。ここでは、わかりやすいリフォームの手順や注意点を解説します。上手に進めていけば、リフォームで「あこがれの暮らし」を手に入れることも決して難しいことではありません。

リフォーム店に相談

依頼する業者を探す

業者を何件か訪ねて、総合力を判断。相性のいい業者を探しましょう。

  • 業者ははじめから1社に絞り込むのではなく、必ず複数の会社を訪ねて、人柄や提案力・実績、会社の雰囲気などを総合的に見て判断しましょう (候補となる業者を、チラシや雑誌、インターネットなどで幅広く探す)
  • リフォーム専門業者のほかに、住宅メーカー、設備メーカーからデパートまで、さまざまな会社がリフォーム業界に参入しており、内装を得意とするところ、インテリア提案を得意とするところなど、それぞれ得意分野が異なるので注意しましょう

具体的なプランを相談する  クリナップ認定のリフォーム店はこちら→

具体的なプランを相談する

業者に具体的なプランを相談し、見積もりを取りましょう。

  • いくつか候補が見つかったら、住まいに対する不満点や"理想のリフォームプラン"を伝え、具体的なプランについて相談しましょう
  • 相談時には間取り図を用意し、実際に家を見てもらいましょう
  • 制約の多いマンションなどの場合は、配管・配電図も用意しましょう
  • 出てきた見積もりを比較検討する際は、金額だけでなく相談のときの対応や実績を見て最終的に依頼する業者を絞りましょう)

予算の確認と準備

実際にかかる費用を概算し、しっかりした資金計画を立てましょう。

  • 依頼したい業者から出てきた見積もりが予算よりも高かった場合は、これだけはゆずれないという要望と予算を大枠で示し、その範囲で工事はできないか率直に相談してみましょう
    ただし、素材のランクを落とすと、何年後かに再度リフォームが必要になり、長い目で見れば割高だったということにもなりかねないので、安易に費用を抑えることは避けましょう
  • 満足できるリフォームにするためにも、子供の学費やその他のローンなどの出費等も計算に入れながら、10年、20年という長いスパンで資金計画を立てましょう
  • 貯金だけで足りない場合は各種リフォームローンがあるので、提携ローンがあるか業者に尋ねてみましょう

Page Top