Home > レスリング部クラブトピックス > 選手の活躍

カナダ開催の世界女子選手権に、井上選手と鈴木選手が日本代表として出場!

9月27〜29日、カナダにおいてレスリング世界女子選手権が開かれます。この大会に、クリナップレスリング部の井上佳子選手(67kg級)と、鈴木博恵選手(72kg級)が、日本代表として出場することが決定しました。興奮冷めやらぬロンドン五輪の金メダリスト・吉田沙保里選手も出場する大会には、世界各国から強豪選手が集まり、熱い戦いが繰り広げられます。

9月16日から21日にかけて、世界選手権の全日本チームの合宿が行われました。20日には報道陣に向けて公開練習を行い、代表選手達は皆闘志燃える練習を、マスコミ関係者の前で力一杯行っていました。

練習後選手を囲んでのインタビューでは、井上選手、鈴木選手ともども、目指すは「金メダル」と語り、日の丸を背負って戦う目標は、世界一であることを力強く宣言しました。


公開練習では全日本チームの栄監督が
出場選手を紹介


練習中には、井上選手(左)と鈴木選手(右)が
技を競い合うシーンも

→ 一覧へ戻る

page top