CSR活動

アゼルバイジャンで開催された「ゴールデングランプリファイナル大会」で、鈴木選手が2位

11月23日〜25日にアゼルバイジャンの都市バグーで、「ゴールデングランプリファイナル大会」開催されました。

この大会にクリナップレスリング部から3名の選手が日本代表として出場しました。
結果は、女子72s級に出場した鈴木博恵選手が、カザフスタン、モンゴルの選手と戦い勝利。
続くロシアの選手との決勝戦では惜しくも敗れたものの見事銀メダルを勝ち取りました。

女子67s級に出場した井上佳子選手は、モンゴル、アゼルバイジャンの選手に快勝したものの準決勝で惜しくも敗れ、続く3位決定戦では、怪我のため途中棄権という成績に終わりました。また、男子55s級に出場した田野倉翔太選手は1回戦でカザフスタンの選手に敗れ8位という結果に終わりました。


2位で表彰を受ける鈴木博恵選手(左端)

Page Top