CSR活動

アジア選手権で鈴木博恵選手が3位

4月23日(水)〜28日(日)にかけて、カザフスタンにおいて、レスリングアジア選手権が開催されました。レスリング競技においてアジアのトップを競うこの大会に、クリナップレスリング部から鈴木博恵選手が女子レスリング75s級の日本代表選手として出場しました。また同じくクリナップレスリング部の今村浩之監督も日本選手団の支援コーチとして同行しました。

鈴木選手の階級は、大会第4日目の4月26日に試合が行われました。初戦、韓国の選手に10−0のフォール勝ちを決めた鈴木選手は、次の準決勝で、2012年世界ジュニア選手権72kg級優勝の中国の選手に、4−9で惜しくも敗れ黒星。しかし、3位決定戦においてモンゴルの若手選手を7−0のフォール勝ちで破り、みごと銅メダルを獲得。アジアで3位のポジションを堂々と決めました。


表彰台の鈴木選手


今村監督と鈴木選手

Page Top