正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

CSR活動

鈴木選手 3年連続世界選手権出場

9月8日から14日までウズベキスタンでレスリング世界選手権が開催され、女子75s級に鈴木博恵選手が出場しました。鈴木選手は3年連続3回目の世界選手権への出場となりました。

今大会には、75s級は19名が各国を代表して出場。1,2回戦を快勝し勝ち進んだ鈴木選手は、3回戦目に今大会優勝したアメリカ選手と対戦。アクションタイム攻撃中にホイッスルが鳴り、チャレンジが通らず、微妙な判定の末に惜敗。「その後は落ち込んでしまった」(鈴木選手)と語るも、昨年の2回戦敗退9位から順位を上げ、今大会では最終順位7位と健闘しました。

7月のゴールデングランプリ決勝大会で優勝し好調だっただけに悔しい結果でしたが、「今回で世界のトップとあまり差がないことが分かった。細かい技術の修正をして、コツコツ頑張るしかない!」と語り、五輪へ向けて次のステップに踏み出しました。

敗復戦 中国 ●[Tフォール]
3回戦 アメリカ ●[1−2]
2回戦 ドイツ ○[7−0]
1回戦 ベラルーシ ○[3−1]


果敢に攻撃する鈴木選手
※写真はレスリング協会ホームページより

Page Top