正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

CSR活動

ドミトリ・コーキン国際大会で前田翔吾が準優勝

10月4日〜5日、ロシア・ヤク−ツクにて開催された「ドミトリ・コーキン国際大会」に、前田翔吾選手がフリースタイル65s級に出場しました。

昨年の世界選手権大会で負傷以来、初の国際大会出場となった前田選手は、初戦から3連勝して決勝へ進出。決勝戦では、2010年世界選手権66kg級2位、2012年ロンドン・オリンピック代表のアラン・ゴガエフ選手(ロシア)に3−3のラストポイントで敗れ、準優勝となりました。

優勝まで後一歩という悔しい結果ではありましたが、世界を舞台に今後の活躍につながる復帰戦となりました。

決勝 ロシア ●[3−3L]
準決勝 モンゴル ○[4−2]
3回戦 ロシア ○[Tフォール、15-4]
2回戦 ベラルーシ ○[Tフォール、11-0]
1回戦 BYE  


表彰台の前田選手(左)


同じく準優勝の湯元選手(右)と
※写真はレスリング協会ホームページより

Page Top