Home > レスリング部クラブトピックス > 選手の活躍

ご声援ありがとうございました。'09レスリング世界選手権、長島、初戦で北京銅メダリストに惜敗!

9月21日から27日まで、デンマークでレスリング世界選手権が開催されました。クリナップレスリング部からは、昨年末に全日本選手権3連覇、今年6月に全日本選抜初優勝を果たしたフリースタイル74s級の長島和幸選手が日本代表選手に選ばれ初出場しました。>


北京銅メダリストと戦う長島和幸選手。
写真提供:(財)日本レスリング協会

長島選手は、23日に行われた初戦で、北京五輪3位のブルガリア選手と対戦。第一ピリオドを長島選手が先取しますが、対戦者は第2ピリオドを取り1−1。決戦の第3ピリオド、長島選手は積極的にタックルをしかけますが、思うように技が決まらず逆転されトータル1−2で惜敗しました。

ご声援くださった皆様、ありがとうございました。

1回戦 1−2(3−1/0−2/0−2)
長島選手 対 キリル・テルジエフ


北京銅メダリストと戦う長島和幸選手。写真提供:(財)日本レスリング協会

トキめき国体で、北岡秀王 2回戦で散る

9月29、30日に行われた第64回新潟トキめき国体レスリング・成年グレコローマンスタイル60キロ級に、クリナップレスリング部・北岡秀王選手が出場。1回戦は2-1で勝利。続く2回戦では第1ピリオドを落とし、第2ピリオドは奪い返したものの、第3ピリオドは接戦の末4-5で取られました。’08全日本選手権チャンプとしては悔しい敗退でした。

1回戦 勝利 2-1(2-0/0-3/1-0) 対 村田 知也 選手
2回戦 敗退 1-2(0-1/2-0/4-5) 対 谷岡 泰幸 選手

長島、北岡両選手とも、敗戦した悔しさを次に生かした活躍が期待されます。 12月には天皇杯全日本選手権が開催されます。

→ 一覧へ戻る

page top