Home > レスリング部クラブトピックス > 選手の活躍

明治杯全日本選抜選手権 井上選手・鈴木選手ともに金メダル!

6月16〜17日に国立代々木競技場 第二体育館で行われた明治杯全日本選抜選手権において、67kg級井上佳子選手、72kg級鈴木博恵選手が金メダルを獲得しました!どちらも決勝戦は3ピリオドまでポイントを譲らず無得点で、延長にもつれこむ接戦となりましたが、見事両選手とも優勝を勝ち取りました。

■井上佳子 選手
「去年の世界選手権でメダルを獲得することができたので、今回勝ててホッとしています。世界選手権で勝つためにも、タックルから続けて攻めるようにすることが課題です。会社全体がレスリング部を応援してくれているので、その期待にも応えなければいけないと思っています。4年後のオリンピックも視野に入れて、たくさん練習します」


井上選手(右)


表彰台の井上選手(左から2番目)

■鈴木博恵 選手
「優勝できたことは、次につながると思います。タックルに入りたかったのですが、返されるのではないかと思ってしまい、入ることができませんでした。世界選手権に出場できるのなら、得点が取れるようになるために、もっと練習します。今後は、72kg級を自分が引き継いでいけるような存在になりたいです。会社でも、いろいろとサポートしてもらっているので、恩返しできて良かったです」


鈴木選手(左)


表彰台の鈴木選手(左から2番目)

→ 一覧へ戻る

page top