リフォーム

ヒヤッとしない温かい浴室をつくろう! 〜バスルーム、洗面化粧台編

保温力のある温かい浴室で冬場も快適に!

冬の寒い浴室はつらいですよね。居室との温度差は、血圧を急激に上下させ、「ヒートショック」を起こす原因にもなります。身体への負担を軽減させるために、断熱性にも目を向けましょう。

保温機能で浴室の温度差をなくそう!

ここがポイント

  1. 床・壁・天井が断熱材
  2. 窓(屋外への開放部)は
    二重サッシを使用
  3. 浴室換気乾燥暖房機
断熱材でまわりを覆って、保温力のある浴室に

浴室を常に温かくするため、断熱材でまわりを覆って保温性を高めましょう。次の人まで温かいお風呂に入れます。
クリナップの「浴室まるごと保温」なら床、壁、天井、浴槽など、浴室まわりすべてが断熱構造。浴室内をいつも快適な温度に保つことができます。

 次に入る人も温かい
「浴室まるごと保温」はこちら→

窓からの冷気も見逃せません

窓から逃げる熱は結構多く、二重サッシなどで保温性を高める必要があります。また、室内側に樹脂製の枠材が採用された樹脂複合ペアサッシなら、結露を防ぐ効果も得られます。

浴室換気乾燥暖房機の設置で浴室を快適に

最も効果的なのは、浴室そのものを暖めておくこと。浴室の理想的な温度は25℃前後といわれています。浴室換気乾燥暖房機を設置すれば冬場でもポカポカの適温に保つことができ、安心して入浴することができます。

クリナップのあったかお風呂アイテム

入浴前にスイッチを押すだけで、お風呂を温めてくれる「床夏シャワー」いつでも常夏気分のお風呂を楽しめます。

 入浴前にお風呂を温めてくれる
「床夏シャワー」はこちら→

Page Top