クリンレディ

  • HOME
  • 暮らしの賢人インタビュー
    • 料理研究家 浜内千波さん
    • 整理収納アドバイザー 西口理恵子さん
    • リフォームコーディネーター 尾間紫さん
  • キッチンQ&A
  • クリンレディのこだわり
    • ステンレスのこだわり
    • 流レールシンク
    • シンク/ワークトップ
    • 収納
    • レンジフード
    • プランバリエーション
  • クリンレディ詳細情報

流レールシンクのここがすごい

1細かいゴミがスルスル流れて気持ちいい
新発想のシンク形状

「流レールシンク」はシンクの底面を従来とは逆の手前側に傾け、手前から排水口へ向かって水路を設けた新形状。だから調理作業で使うお水がゴミをスルスルと排水口まで運んでくれるんです。今までのようにシャワーの水流や手を使ってゴミをまとめなくていいから、ラクチンで気持ちいい! シンクのゴミの水流し作業に1回1㍑、それを1日3回=1ヶ月で90㍑も使っているなんて知ってました!? 「流レールシンク」ならこのゴミ流し作業がいらないから、かなり節水もできちゃうってこと。毎日のことだから、お手入れがラクで家計に優しいのはとってもうれしい!

2排水口もゴミを受け止める網カゴも、
つるんとした形状でお手入れカンタン

シンクから排水口、そして網カゴも、継ぎ目のないステンレスの一体成形。さらに「美コート」が施されているので、お手入れもとってもカンタン。汚れの下にするりと水が入り込んで汚れを浮かれせてくれるから、ゴシゴシ洗わなくてもあっという間にキレイ。シンクがいつもピカピカだから、お料理するたびにワクワクしちゃいます。
*「美コート」=親水性のセラミック系特殊コーティング

3排水口が調理作業台側にあるって、
すごく便利

排水口を片側に寄せたことで、まな板で切った野菜の切り屑が広がらないだけでなく、お水がかかりにくいエリアができたのは画期的アイデア。洗った野菜の水切りや、予備洗いをしたお皿を置いたり、一時置き場として活用できそう。欲しかったのよね、そういう場所。作業がスムーズになって、料理の腕がますます上がりそう!

4図書館レベルの静けさで、
調理作業をしながら会話ができる

今までのシンクでは水音が邪魔して会話なんて無理。話しかけられても全然気づかないし、テレビの音も聞こえない。ひたすら一人で調理するしかなかったんです。でも、このシンクなら家族の声も聞こえるから、家族団らんしながら洗い物も片づけられちゃう。子供たちと「今日のご飯はね」なんて会話しながらお料理できたら楽しいな。

5まだまだあります。
キレイへのこだわり

ステンレスシンクにキズがつくのは仕方がない…とあきらめていたけど、シンク底面をエンボス加工にしたことで、キズがつきにくく、目立たなくなったんですって。だからキッチンの美しさが長持ち!
洗剤ラックは底面が取りはずせるので、悩みの種だったクロス部分のお掃除もスムーズ。さらに高さ調節もできちゃうから調理や洗い物のときもジャマにならない。細かいところまでキレイが続く、“うれしい”がいっぱいのこだわりシンクです。

PAGE TOP

2015年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、特に高い評価を得た100件に「流レールシンク」が選ばれました。

特に優れた新製品・サービスを表彰する『2015年 日経優秀製品・サービス賞』において、2万点の中から「クリンレディ」が優秀賞 日経産業新聞賞を受賞しました。

リフォーム産業新聞社が主催する『リフォーム大賞−リフォーム営業マン・プランナー300人が選ぶ住設機器−』において、キッチン部門の高級・中級・普及の全部門で首位を獲得。特に中級の「クリンレディ」は、デザイン性・施工性・機能性・コストパフォーマンスのすべての点において高ポイントを獲得しました。

2014年秋から15年秋に話題となった商品の中から、優れたネーミングを読者投票で選ぶ、日刊工業新聞社主催『第26回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」』の生活部門において、「流レールシンク」が第2位を獲得しました。

PAGE TOP
さらに詳しい商品情報は
クリンレディ詳細ページで見る
PAGE TOP
近くのショールームを探す

Page Top