クリンレディ

  • HOME
  • 暮らしの賢人インタビュー
    • 料理研究家 浜内千波さん
    • 整理収納アドバイザー 西口理恵子さん
    • リフォームコーディネーター 尾間紫さん
  • キッチンQ&A
  • クリンレディのこだわり
    • ステンレスのこだわり
    • 流レールシンク
    • シンク/ワークトップ
    • 収納
    • レンジフード
    • プランバリエーション
  • クリンレディ詳細情報

暮らしの賢人インタビュー

あなたにもできる “美人収納”5つのオキテ

つい汚れがち、ごちゃこちゃしがちなキッチン周り。
ちょっとしたアイデアと工夫で、毎日楽しみながら「きれい」を
持続することができる5つの掟を伝授いたします。

その1 物にも住所が必要!

物の住所(定位置)を決めて、「ここになかったらない」という状況を作ります。収納場所に戻すのが面倒にならないよう、その物を使う場所の近くに決めましょう。住所を決めることで、無駄なストックもなくなります。まずは一緒くたになりがちなボトル類の「油」と「油以外」を仕分けるだけでも、お料理が一気に効率化します。

PAGE TOP
その2 ラベル!見せる!で長続き

住所が決まったら表札(ラベル)も付けてあげましょう。ボトルなどの蓋にテプラやシールなどでラベリングします。「住所+表札」で誰が見ても一目瞭然の状態をキープすれば、他の家族が見てもすぐわかり、「あれどこ?」という時間の無駄がなくなります。ラベルに開封日と賞味期限を書き込むと消費ペースがわかって便利です。

その3 仕切れば仕切るほどいい!

観音開きの中をボックスで、引出しの中を小箱・仕切り板で、できるだけ細かく仕切ります。種類・大きさごとにまとめ、「ひと仕切りに1種類収納」を徹底すれば適正量がわかってきます。食器棚も仕切り板で細かく仕切ることで「大皿は下に重ねっぱなしで使わない」という事態を避けられます。あるものはどんどん使いましょう!

PAGE TOP
その4 「ローリング(循環)ストック」が理想

水や非常食、洗剤などついつい溜め込みがちな物は、いったんダイニングテーブルの上にすべて並べてみて、総在庫量を目で見て把握しましょう。適正量を決めて、同じ種類の物は家の中に分散させず、1カ所にまとめて収納します。適正量をキープしながら「使っては買い足す」を繰り返し、循環させる備蓄が理想です。

その5 場所は“お金”と心得よ!

賃貸にせよ持ち家にせよ、住まいには必ず“お金”がかかります。「一平米あたりいくらか」ということを常に意識して、少しでもスペースを有効利用するよう心がけましょう。収納は「分ける・捨てる・収納する」の順番が大事。あるだけ場所を占有する収納グッズや収納家具を買うのは適正量がわかってから。順番としては最後です。

西口理恵子さん トップページ
PAGE TOP
PAGE TOP
近くのショールームを探す

Page Top

整理収納アドバイザー 西口理恵子さん

新築マンションの営業・企画に携わり、マンション収納の問題点に着目し「女性の視点に立った収納しやすい住まい」を企画。その後「美しく生きる」をゴールとした「美人収納術」を考案、整理収納コンサルティング「インテリアR」を設立する。ブログ「1日1収納」は1日5000アクセスを越える。著書に『毎日がうまく回り出す 1日1収納の法則』(ワニブックス刊)がある。
http://ameblo.jp/interior-r