正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

クリンレディ

  • HOME
  • 暮らしの賢人インタビュー
    • 料理研究家 浜内千波さん
    • 整理収納アドバイザー 西口理恵子さん
    • リフォームコーディネーター 尾間紫さん
  • キッチンQ&A
  • クリンレディのこだわり
    • ステンレスのこだわり
    • 流レールシンク
    • シンク/ワークトップ
    • 収納
    • レンジフード
    • プランバリエーション
  • クリンレディ詳細情報

暮らしの賢人インタビュー

インタビュー キッチンから暮らしを考える「心を豊かにするリフォーム」とは―

家を新築する、購入するということは一大決心のいる作業ですが、その次に大きなイベントとなるのがリフォーム。
年月を経て変わっていく住居や住む人の状況に応じて必要となる、大切な作業です。
リフォームしたいと思い立ったら、私たちはまず何をしたらよいのでしょうか。
一級建築士であり、常に消費者の立場に立ったリフォーム情報を発信し続ける
リフォームコーディネーター・尾間紫先生に、幸せになれるリフォームのコツをうかがいました。

リフォームとは、「暮らし」を考えること。

先生はどのようにして
建築・リフォームの専門家を志されたのでしょうか。

子どもの頃から間取りのチラシを見るのが大好きで、そこにいろいろ書き込んで遊んでいたんですね。「ここが私の部屋で、ピアノを置いて」とか、「ここはお父さんの部屋で、写真の現像室も作ってあげて」とか、母が「お雛様を出すと部屋が狭くなる」と嘆いていたので「ここにお雛様のお部屋を作って」とか。子どもながらに「こんな暮らしがしたい」とか「こうすればもっとお父さんやお母さんが喜ぶし、楽しくなるんじゃないか」ということを考えていました。今にして思えば、その頃にやっていたことがすべての基本で、スタート地点でしたね。「間取りではなく暮らしを考える」。今もその時の気持ちのまま、この仕事をしています。
私が最初にリフォームの仕事についた二十数年前は、長らく男社会だった建築業界に、ようやく「女性の力をリフォームに活かす」「奥様のお話を聞いて暮らしをレイアウトする」という流れができた頃でした。それまで新築の隙間産業みたいな感じだったリフォーム業界が、やっとクローズアップされ出した時期でもありました。その頃から今に至るまで、「暮らしを考える」という作業をずっとやり続けています。

PAGE TOP
「形」から入ってはダメ。「どういう暮らしがしたいのか」を見つめ直すことが大事。

キッチンリフォームを考えた時に
いちばん大切なことはなんでしょうか。

この仕事で1,500件以上の住まいに関するご相談を受けてきたなかで、ひとつとして同じケースはないんです。人の数だけリフォームがある。だから、「普通はこうだ」という既成概念を持たないことが大切です。
人って無意識のうちに、家の形に自分の暮らし方を合わせてしまっていたり、不便やストレスを見逃していたり。ですから、キッチンリフォームを思いついたらまず、「冬の朝お弁当を作る時、足元が寒い」とか「夏に天ぷらを揚げるのが暑い」とか、暮らしの中で感じているストレスをひとつひとつチェックしてみてください。まずは今の暮らしの不満から、自分が「どういう暮らしがしたいのか」を見つめ直す。それをふまえて専門家と話しているうちに、あなたの理想の暮らしを叶えてくれる形にめぐり会えるはずです。

実際にあったリフォームの例なんですが、「朝食が家族のコミュニケーションの時間なんだけれど、日当りが悪く、ダイニングキッチンが暗いので大きな出窓を作りたい」というお客様がいらっしゃいました。ところが構造的に出窓を作っても部屋は明るくならない。それをCGシミュレーションでお見せして、代わりに小さな天窓を作ったんです。すると、出窓を作るよりとても明るいダイニングキッチンになりました。小さいリフォームだけれど、暮らしが劇的に変わった。リフォームに「思い込み」は厳禁です。あくまでも目標は「快適に暮らすこと」なので、「形」からではなく、「暮らし」から考えることが大切なんです。

もう「しまう収納」は卒業。理想は「取り出すための収納」です。

お客様から寄せられるキッチンのお悩みでいちばん多いことは何でしょうか。

何といっても、収納のお悩みが多いです。皆さんどうしても物を買う時「しまえるかどうか」を考えるんですが、私のリフォームのコンセプトは「しまう収納はやめましょう」というものなんです。収納って「しまい込むため」ではなく「取り出すための準備」の場所であるべきだと思うんです。奥にしまい込んだワッフルトースターは二度と出さない。でも、いつでもすぐに取り出せたら「ワッフル作ろうかな」って思うでしょう?『クリンレディ』の収納なら、出したい物がすぐに取り出せて、いつでも可動状態にしておけるから、収納でお悩みのお客様にも自信を持っておすすめしています。

『クリンレディ』のキッチンで私がいちばん好きなのは「うきうきポケット」。ポケット収納だけなら他のメーカーにもあるんですが、飛び出してくる「あと一歩」の工夫がすごいなと思います。人間の自然な動作領域は目から膝の位置までなんですが、この「うきうきポケット」なら使用頻度の高い物が自然な動作領域に向こうからパッと入ってきてくれる。調理中は手が汚れていることが多いので、キャビネットの中に手を入れないで物をすぐ取れるというのもありがたいですね。 それから収納力抜群のフロアコンテナ。クリナップさんがこれを他のメーカーに先だって開発されたときは驚きでした。最新のモデルはさらに蹴込み(つま先が当たる場所)が改良されて動きやすいし、とても使いやすくなっていますね。

  • 1
  • 2
次のページへ
尾間紫さん トップページ
PAGE TOP
PAGE TOP
近くのショールームを探す

Page Top

リフォームコーディネーター 尾間紫(おまゆかり)さん

一級建築士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャー。設計事務所、住宅リフォーム会社を経て、設計事務所を設立。業者選び、プラン、インテリアコーディネート、家相・風水リフォームなど、住まいの細かなニーズに応えるトータルアドバイザー。講演会講師や執筆活動、TV出演などを通じてリフォームアドバイスも行う。

代表を務める「一級建築士事務所 OfficeYuu」のサイト
http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/