正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

クリンレディ

  • HOME
  • 暮らしの賢人インタビュー
    • 料理研究家 浜内千波さん
    • 整理収納アドバイザー 西口理恵子さん
    • リフォームコーディネーター 尾間紫さん
  • キッチンQ&A
  • クリンレディのこだわり
    • ステンレスのこだわり
    • 流レールシンク
    • シンク/ワークトップ
    • 収納
    • レンジフード
    • プランバリエーション
  • クリンレディ詳細情報

ステンレスが長寿命で清潔であることはご存知かと思いますが、実はペットボトルよりもリサイクル率が高くホルムアルデヒドも出さないので、人と環境に優しい素材でもあるのです。ですから、ステンレスキャビネットのキッチンを選ぶ事は、子どもに優しいキッチン選びと言うことができます。

おいしい暮らし研究所
入社24年目

キッチンマニアとしても、ママとしても子どもたちの未来へ貢献するキッチンを。

うちは夫婦そろってクリナップの社員。だから、テレビを観ていても、ちらっとキッチンが映っただけで、あれは何の素材だ、取手のデザインはどうだ、なんてキッチン談義が始まってしまいます。もう条件反射なんですね(笑)。そんなキッチンマニアの私に、新しい価値観が加わったのは出産してから。母になり、強く思うようになったのが子どもの将来のことでした。キッチンだって、子どもの将来まで見据えて作っていきたいなって。

ステンレスは耐久性が高く、使用後のリサイクル率も高いので省資源でエコな素材です。『クリンレディ』で使用しているステンレスキャビネットは解体しやすいつくりだから、使用後のリサイクル率もさらに高くなります。環境を考えることは、結果的に子どもの未来も考えることですよね。それに、ステンレスは食卓で使うスプーンやフォークなどのカトラリーとしても使われるように、アレルギー物質の発生も少なく、人の口に入れても安心・安全。環境だけでなく人にも優しい素材です。使っているときも、将来も、ステンレスキャビネットキッチンは子どもの生活に貢献するものだと実感しています。

また、子どもは少し目を離したら、キッチンの引出しを開けたり、包丁などを触って大ごとにもなりかねない。細かな安全配慮の大切さを身にしみて感じました。クリナップのキッチンには包丁差しにチャイルドロック機能がついているシリーズや、足元の引出しも幼い子どもにはちょっとだけ開けづらい形になっているものがあります。キッチンの小さな気配りで、ママの心にも余裕が生まれれば、子どもに笑顔で接することができる。そんなキッチンから幸せって生まれるものなのかもしれませんね。

PAGE TOP
ステンレス エコキャビネット
PAGE TOP
PAGE TOP
近くのショールームを探す

Page Top