正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。
正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

サイト内コンテンツ

  • 江戸散策TOPへ
  • ←前回へ
  • 次回へ→

コラム江戸

『麒麟がくる』の麒麟は西教寺にいた。

❶宗祖大師殿 唐門にある麒麟 ❷唐門 ❸唐門脇の屋根の護猿
いずれも西教寺(天台真盛宗総本山/滋賀県大津市坂本)

大河ドラマ『麒麟がくる』のタイトルに、最初戸惑いを覚えた人も多いだろう。主人公である明智光秀(あけちみつひで)のにおいもなく、いきなりビール会社のタイアップかとも思える難しい漢字で麒麟…、ときた。だが、ここに作者の意図があるようだ。
麒麟は古代中国の神話に登場する伝説の霊獣である。辞書を引けば“想像上の神秘な動物。「麒」はその雄「麟」は雌で、聖人が世に出、王道が行われる時生まれ出ると伝えられる…”とある。

写真❶は、左右一対の麒麟。この麒麟は西教寺にある宗祖大師殿の❷唐門の破風(丸味を帯びた屋根部)の下にいる。虹梁(こうりょう)に美しく彫られた2体は両方とも角が生え、龍のような頭部、胴体には鱗、牛の尾、馬の蹄(ひづめ)という典型的な麒麟だ。よく見ると、“阿吽の呼吸”という言葉があるように、向かって右側は口を開く阿形(あぎょう)、左側は口を閉じる吽形(うんぎょう)の一対の姿となっていることに気付く。思い出すのは興福寺や東大寺南大門の金剛力士像。あのマッチョな体の怖い顔をしたいわゆる仁王様だ。仏教を外敵から守る門番である。麒麟もまた金剛力士像と同じように寺院を守護する役割を持つ。

麒麟もいいが、この大津坂本の地域には守護神として重要な「猿」がいる。写真❸は❷唐門の脇の屋根にいる猿。本堂の屋根にも猿が…遠くをながめたり、子どもを抱いたり、いろいろなポーズをとった猿がいる。猿が神の使いとされているからだ。
この地は琵琶湖を望む比叡山延暦寺のお膝元、「日吉大社」がある。全国の日吉神社、日枝神社、山王神社の総本宮に位置付けられる神社だ。いずれも猿を神の使いとして祀っている。「日吉といえばお猿さん」なのである。
日吉大社の猿は魔除けの象徴でもあり「神猿(まさる)」と呼ばれ、“魔が去る、勝る”に通じるという。一方、西教寺の猿は「護猿(ござる)」と呼ばれ“縁がござる、福がござる”と縁起がいい。

西教寺は光秀の菩提寺である。それほどの猿だから、『麒麟がくる』のタイトルは『猿がくる』でも良かったのではと、ふと思ったのだが、どうもイメージがよろしくない。そればかりか光秀のドラマが秀吉の話になってしまう。歴史的に例えるなら、麒麟がきた後に猿がきた(山崎の合戦)ということになりそうだが…。

光秀のことを知るには、そして大河ドラマをもっと楽しく観るなら、どうしても訪れたいのが先程の唐門のある西教寺だ。ここには光秀ゆかりの物や関係する古文書が多く残されている。
本堂脇には「明智光秀一族の墓」、本堂から入る本坊には「光秀と妻・煕子(ひろこ)の座像」、光秀寄進の「坂本城陣鐘」(非公開)、また坂本城の城門を移築した「総門」が残る。


  • 明智光秀一族の墓

  • 光秀の妻・煕子を詠んだ芭蕉句碑

「月さびよ 明智が妻の はなしせむ」の句碑は煕子の墓前に建つ。芭蕉は、貧しく暮らす弟子の妻に光秀の妻・煕子の話をして勇気づけた。煕子は、出世前の光秀の催す連歌会のために黒髪を売って費用を捻出し、光秀を支えたという逸話がある。


  • 西教寺 鐘楼

  • 西教寺 総門

光秀の生きた戦国の世は、応仁の乱より百年を経ても混沌とした時代で、人々は麒麟の出現を待ち侘びていたのだと思う。その時代を切り取ったのが『麒麟がくる』である。
第1回の放映にこんな台詞があった。『いつか戦(いくさ)は終わって、戦のないない世の中になる。そういう世をつくれる人がきっと出てくる。その人は麒麟を連れてくる』。その人や麒麟は光秀を示唆しているに違いないが、歴史を俯瞰してみて実際はどうだったのだろう。光秀は本能寺の変で一度は天下を取ったものの、残念ながら戦国時代はまだまだ続くのである。

文・写真 江戸散策家/高橋達郎
参考資料 『西教寺縁起』西教寺

  • ←前回へ
  • 江戸散策TOPへ
  • 次回へ→

文章・画像の無断転載を禁じます。

Page Top