Home > ニュース&トピックス
プロ野球「マツダオールスターゲーム」と「ふくしま復興祭」に広告協賛。生産拠点の「ふくしま」を盛り上げました!!
2013年7月26日

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役社長:井上 強一)は、7月22日(月)のプロ野球「マツダオールスターゲーム2013」及び、7月21日(日)・22日(月)に行われた「ふくしま復興祭」を支援するため、オールスターゲーム会場のいわきグリーンスタジアムの外野スタンドと、復興祭会場の21世紀の森公園特設ステージに広告看板を掲出しました。
グリーンスタジアムには、イースタンリーグの復興祈念ゲーム(読売巨人VS千葉ロッテ戦)の6月15日(土)から、オールスターゲームが行われる22日までの掲出となりました。

プロ野球オールスターゲームは、2011年より東北復興支援として、第3戦目を被災地の球場で開催しています。2011年は宮城県、2012年は岩手県の各球場で開催され、今年は福島県が開催地となりました。これにあわせ福島県は7月21日(日)、22日(月)に「ふくしま復興祭」を開催し、「食のオールスター」と題した被災地の食の物産展や、子ども達のスポーツ体験などを実施し、ご支援をいただいた皆様への感謝の気持ちを表すとともに、新たに交流を深めました。オールスターゲーム、復興祭ともに地元はおおいに盛り上がりを見せていました。

クリナップはこれからも、福島県いわき市に生産拠点をかまえる企業として、様々な活動を通じていわき市や福島県の一日も早い復興を祈念し、「ふくしま」を盛り上げてまいります。


いわきグリーンスタジアム外野フェンス広告
 
ふくしま復興祭のステージ広告
 
一覧へ戻る
page top