お知らせ/ニュース

クリナップの食育活動が第3回食と農林漁業の食育優良活動表彰 消費・安全局長賞受賞

2015年9月17日

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役社長:井上強一)は、農林水産業への理解や食への感謝の念を醸成する食育活動を、持続的かつ効果的に実施した企業として、農林水産省主催「第3回食と農林漁業の食育優良活動表彰」の企業部門にて『消費・安全局長賞』を受賞しました。

クリナップでは、2009年10月の創業60周年を機に「キッチンから笑顔をつくろう」をブランドステートメントとして掲げ、「おいしい暮らし研究所」を設置。大学との共催講座「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」開講しました。また、「弁当の日応援プロジェクト」への参加をはじめ、顧客接点であるショールームでの地域密着の料理教室など、キッチンを通した食育活動に取り組んで参りました。
この姿勢が、「本部主導で行う活動と、全国101ヶ所のショールームを活用した地域密着型の活動を、複層的に行いながら、日本型食生活の推進に取り組んでいる」と評価され、受賞に至りました。9月10日(木)に都内にて表彰式が執り行われ、表彰状と記念の楯が授与されました。

クリナップはこれからも、キッチンから笑顔をつくる企業として、日本が誇る家庭での楽しく健全な食文化の伝承・食育活動の推進に努めて参ります。

<主な活動事例>

◆「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」
大学との共催講座。“食”を多面的に捉えるため、文化(郷土料理)、美学、化学、健康、安全、食育と言った様々な切り口からテーマを設定し、講義と実習を行い理解を深める。(2009年〜)
聖徳大学(千葉県松戸市:2009年〜11年)/武庫川女子大学(兵庫県西宮市:2012年)

◆「“弁当の日”応援プロジェクト」
“食”を通じていのちや生活の大切さを身を持って学ぶ「弁当の日」を支援する応援プロジェクトに参加。当社独自で、小学校での料理教室や、講演会、地元スーパーと共催の「お弁当コンテスト」等を実施。(2012年〜)

◆「ムラのおばちゃん直伝 おふくろの味伝承塾」
食文化の伝承に取り組む女性達を講師として招き、「地産地消」を合い言葉に地元食材の活用、郷土料理のレシピを伝授する講座を、九州支店傘下のショールームにて開催。(2014年〜)

◆「高校生レストランがやってくる」
三重県立相可高校調理クラブの先生と生徒を講師として招き、子どもや家族連れが楽しむ料理教室を津ショールームにて開催。(2011年〜)


表彰を受ける常務執行役員
おいしい暮らし研究所 所長 湯澤 弘己


湯澤(左)と、おいしい暮らし研究所 手塚 佐恵子(右)


一覧へ戻る

page top

Page Top