正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

お知らせ/ニュース

クリナップ&飛騨産業コラボ商品「HIROMA」
12月12日から飛騨産業にて先行販売開始

2019年12月12日

創業70周年を迎えたクリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:竹内 宏)と、老舗家具メーカー飛騨産業株式会社がコラボレーションした新商品「HIROMA」を、12月12日(木)から飛騨産業にて1都3県への配送限定で先行販売を開始します。

家事の省力化や、住宅・LDK空間のコンパクト化が進む現代において、キッチンの要素を極力シンプルにしダイニングテーブルと融合することで、新しいLDKの在り方や暮らしを提案するキッチンテーブル「HIROMA」。「DESIGNART TOKYO 2019」(10.18-27開催)、「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」(11.20-22開催)への出展を経て受注開始します。

■キッチンテーブル「HIROMA」先行販売 概要

・先行販売開始
2019年12月12日(木) ※受注開始
・配送(販売)エリア
1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
・販売窓口
飛騨の家具館 東京(飛騨産業株式会社)
・展示場所
飛騨の家具館 東京 ※代表的な2セットを展示します
【住所】東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル1F
【電話番号】03-5425-6661
【営業時間】午前11:00〜午後7:00 / 火曜日定休 ※12月27日(金)〜1月5日(日)は休館
・販売方法
定価販売
・納期
受注後45日
・価格(税別)
キッチン部基本セット(シンクのみプランW900、シングルレバー水栓、ワゴン1台) 525,000円
ダイニング部基本セット(ダイニングテーブルW1350、ダイニングチェア4脚) 406,000円

■キッチンテーブル「HIROMA」 商品概要

家具を置くと窮屈になりがちな都市部の狭小住宅でも、通常のキッチンの大きさでダイニングまで兼ねられ、ゆとりある空間を実現します。


ダイニング家具・フリースペースとして存在
PC作業したりコーヒーを飲んだりと、
ダイニングテーブルを自由に使えます。
シンクが近くにあることで、
ちょっと水を使いたい時に便利です


料理するときにはキッチンの機能が拡張
テーブル部分とシンクの上を活用して
調理作業が行えます。
シンクは不便のない必要十分なサイズにしました。

※HIROMAについての詳細は、HIROMA公式WEBサイトをご確認ください。(https://hiromastyle.jp/


料理しないときには、黒いトッププレートで気になるシンク内を隠します。
料理するときには、シンク内にあるマルチプレートを活用。使い終わった調理器具をシンクに置いても、汚れを気にすることなく食材の水切りなどができます。
水切りした野菜は、そのままシンク上でカッティング。1つの場所で効率よく作業ができます。

※黒いトッププレート、マルチプレート、カッティングボードはオプションとなります。


調理器具などを収納するワゴンは可動式なので、
作業に合わせて必要な場所で効率的に
使うことができます。


ワゴン内には、必要最低限の調理器具を収納できます。
散らかりがちな調理小物や、ラップなどのアイテムも
分けて収納することができます。

※ワゴン上段の黒いトレイはオプションとなります。
※ワゴンサイズ:幅692mm×奥行き309mm×高さ590mm

一覧へ戻る

page top

Page Top