CSR活動

レスリング部員の鈴木選手が福島県知事へ「世界選手権」の表敬訪問

10月2日、「2017世界選手権」で銅メダルを獲得した鈴木博恵選手(女子75s級)が、島崎憲夫取締役専務執行役員、今村浩之監督とともに、福島県の内堀知事へ表敬訪問をしました。
訪問の際には、内堀知事より「怪我から再起しての銅メダル獲得、おめでとうございます。県民の励みになります。」とお言葉をいただきました。また、「東京五輪を目指すのですか?」と尋ねられた鈴木選手は、「まずは一つ一つの大会で全力を出し、結果を出していきたいです。」と意欲を語りました。


左から、島崎取締役、鈴木選手、内堀知事、今村監督

page top

Page Top