正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

CSR活動

レスリング「アジア選手権」女子76kg級で日本代表として出場した 皆川博恵選手が銀メダルを獲得!

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:佐藤 茂)が運営する、レスリング部の皆川博恵選手(女子76kg級、旧姓 鈴木)が、平成30年2月27日〜3月4日にかけて、キルギス・ビシュケックで開催されたアジア選手権で日本代表として出場し、銀メダルを獲得しました!

皆川選手にとって今回のアジア選手権は、入籍後、姓が変わってから初めての大会。気持ちを新たに挑んだ初戦の相手は、開催国キルギスの選手。対戦相手への熱い応援が送られる完全にアウェーな状況の中、フォール勝ち。続く準決勝では、韓国選手を10-0のテクニカルフォールで完勝し、日本代表の実力を見せつけました。そして決勝戦は、2015年の世界選手権で銀メダルを獲得した中国選手と対戦。相手にタックルに入られないよう工夫しながらの試合を展開しましたが、惜しくも2-7で敗れ、準優勝となりました。

銀メダルを獲得した皆川選手は、「課題としていた相手のふところに入っていくタックルができず、自分の得意な攻撃しかできなかった。目標としていた金メダルを獲得できず悔しい。しっかり反省し今後は、勇気をもって飛び込んでいくタックルもやっていきたい。また今月のワールドカップでは、オリンピックチャンピオンと同じチームで闘うので、チームの力になれるよう頑張りたい。」と、3月17、18日に高崎で開催される、女子ワールドカップへの意気込みも語りました。

クリナップレスリング部は1992年の創部以来、企業スポーツとして運営して参りました。今回アジア選手権で銀メダルを獲得した皆川博恵選手の他、11月のU-23第1回世界選手権で優勝した河名真寿斗選手も在籍しています。クリナップは今後も日本のレスリングの発展に貢献して参ります。

皆川選手の試合風景や表彰式の様子は、下記URLよりご確認いただけます。
■日本レスリング協会公式サイト
【写真集】2018年アジア選手権・第3日/女子76kg級・皆川博恵(クリナップ)
http://www.japan-wrestling.jp/2018/03/02/122274/

page top

Page Top