正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

CSR活動

皆川博恵選手が代表として出場した「女子レスリングワールドカップ」で日本チームが金メダルを獲得!

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:竹内 宏)が運営するレスリング部所属の皆川博恵選手(女子76kg級)が、平成30年3月16日〜17日に高崎で開催された女子レスリングワールドカップに76kg級の日本代表選手として出場し、日本チームが見事金メダルを獲得しました。

ワールドカップは10階級による国別団体戦で行われ、初日は各グループ内の総当たり戦、2日目は順位決定戦と進んでいきます。
日本チームは1回戦のスウェーデンに10-0と全階級で勝利し、力の差を見せつけ、続く2回戦のカナダにはリオオリンピック75kg級金メダリストを倒し、8-2で勝利。予選最終戦ではアメリカを8-2で倒し、グループ予選1位で決勝戦へ駒を進めました。
決勝戦の相手は予選を全勝した強豪・中国。会場中から中国への応援が響き渡る中、接戦を繰り広げ6-4で勝利し、日本チームは女子ワールドカップ4連覇を達成しました。

クリナップレスリング部は1992年の創部以来、企業スポーツとして運営して参りました。今回の女子ワールドカップで金メダル、先月のアジア選手権では銀メダルを獲得した皆川博恵選手の他に、11月のU-23第1回世界選手権で優勝した河名真寿斗選手も在籍しています。クリナップは今後も日本のレスリングの発展に貢献して参ります。


金メダルを獲得し、笑顔の日本人選手たち
(鈴木博恵選手:左下)


代表選手として力を尽くした皆川博恵選手(赤)

page top

Page Top