Home > ニュース&トピックス
“家具のようなシステムキッチン”『ラクエラ』。デザイン性と清掃性を強化し、モデルチェンジ。6月25日より受注開始します。
2012年6月25日
クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役社長:井上 強一)は、普及クラスのシステムキッチン『ラクエラ』を、高い収納力に加えてデザイン性と清掃性を強化し、モデルチェンジ。平成24年6月25日より受注開始致します。
『ラクエラ』のデザインコンセプトは、シンプルで洗練された“家具のようなキッチン”。 デザイン面では、全3価格帯で高級感のある鏡面(光沢)扉とインテリアに合わせやすい木目調扉を採用。扉カラーを従来の30色から38色に増やしました。また、好評のライン取手に加え、機能的なロングバー取手も選択可能としました。
清掃面では、お手入れのしやすさにこだわり、ステンレスシンクと人工大理石ワークトップの接合部を汚れが見やすく落としやすい仕様としました。また、引き出しの底板には『ステンレス張り仕様』を、汚れやすいシンクには特殊コーティングを施した『美・サイレントシンク』をそれぞれオプションで用意しました。
収納面では、好評の『トール足元収納』の高さを31cmとし、2リットルのペットボトルや、2段蒸し器など、大型キッチンアイテムがたっぷり収納できます。そのほか、シンク下の引き出しには、キッチン小物をサッと取り出せるアレンジ自在のラップホルダーも標準装備いたしました。
価格はシンシアシリーズが586,800円(I型255cmスライド収納プラン)からお選びいただけます。 家族の中心に“家具のようなキッチン”『ラクエラ』を。クリナップから笑顔をお届けします。
ぜひ、ホームページをご覧ください
 
 
新『ラクエラ』のポイント
@デザイン性『38色の扉カラーバリエーション』
<鏡面(光沢)扉>
光を受けてさまざまな表情を見せる鏡面扉。
楽器のように深い光沢や水面のように澄んだ輝きで、きらりと存在感あるキッチンを演出します。

<木目調扉>
伝統工芸のような「浮造り仕上げ」、楽器を思わせる「鏡面木目」、素朴な木の触感を表現した「素木仕上げ」など、木目だけで15タイプの色調をそろえています。
<新デザイン取手>
どの位置からも手をかけやすい機能的な取手です。
<全6色の新アクリストンシンクカラー>
 
A清掃性
<オープンジョイント>
アクリストンのワークトップとステンレスシンクの組み合わせでも、
接合部の汚れが見やすく落としやすい構造。すっきり美しいつなぎ目です。
従来   オープンジョイント   オープンジョイント
従来 オープンジョイント
   
<美・サイレントシンク/ステンレス引き出し底板(オプション)>
 
B収納
<ラップホルダー/トール足元収納>
一覧へ戻る
page top