Home > 料理アカデミー > 食と健康

キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー

「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」では、“食”を多面的に捉えるために、文化(郷土料理)、美学、科学、健康、安全、食育といった様々な切り口からテーマを設定し、それぞれ講義でテーマに関する知識を学び、料理実習で実践し理解を深めるという2部構成になっています。

トップへ

6限目 食と健康


B. キノコ類のトマトソースのパスタ(Pasta con salsa di pomodoro e funghi misti)

【材料】(4人分)

乾燥パスタ(ペンネ)…160g パンチェッタ…50g ニンニク…1/2片 タマネギ…1/4個(50g) EXVオリーブオイル…大さじ1 マッシュルーム…50g シメジ…50g マイタケ…50g 乾燥ポルチーニ…5g イタリアンパセリ…4本 ホールトマト缶…1/2缶(200g) 生クリーム(脂肪分45%)…50cc …小さじ1/4〜 コショウ…少々

作り方

ニンニク、タマネギ、イタリアンパセリはみじん切りにする。シメジは石づきを切り落として小房に分け、マイタケも小房に分け、マッシュルームは縦4等分に切る。

乾燥ポルチーニは、軽く水洗いして30ccの水で戻す。戻し汁は取っておく。

パンチェッタは8mm角の拍子切りにし、フライパンで炒める。

(3)に火が通ったら、(1)のニンニク、タマネギを加えてさらに炒める。

(4)のタマネギが半透明になったら、(1)のマッシュルーム、シメジ、マイタケを加える。

(5)に火が通ったら、(2)の戻したボルチーニ、ポルチーニの戻し汁をこしたもの、トマトホール缶、塩を加え、30分以上煮込む。

仕上げに生クリームを(6)に加えてひと煮立ちさせ、塩、コショウで味を調える。

アルデンテ(歯ごたえのある固さ)に茹でたパスタを(7)と合わせ、塩、コショウで味を調える。

皿に盛り付け、(1)のイタリアンパセリを振る。

中部イタリアのトスカーナで教わったキノコ類をたくさん使ったトマトソースです。

page top