正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

いよいよリフォーム!自分にあったキッチンの選び方とは?

いよいよリフォーム!自分にあったキッチンの選び方とは?

「キッチンリフォームをやろう!」と決めたものの、どこから手をつけていいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、キッチンを選ぶ時に欠かせない情報収集の必要性や、こだわりポイントの絞り方などについて紹介しています。

リフォームを考えだしたら、まず情報を集めよう

キッチンリフォームを考えはじめたら、まずは情報収集。メーカーのWEBサイトやカタログなどで、リフォームの進め方や最新キッチンの仕様などをチェックしましょう。計画が具体化していな段階でも、調べるうちに「やっぱり対面式かな」「色はこんな感じがいいな」「こんな収納が欲しいな」と、自分なりの「理想像」が見えてくるはずです。

リフォームを考えだしたら、まず情報を集めよう

こだわりたいポイントを決めよう

理想のキッチンイメージが固まってきたら、次は「ここだけは譲れない」というこだわりポイントを整理しましょう。どこにコストをかけて、どこは削ってもいいのかを決めておけば、予算オーバーになって困ることもなく、スムーズに進めていくことができます。

デザインにこだわりたい

リフォームするなら素敵なインテリア空間を実現したいですよね。
洗練したデザインの「CENTRO(セントロ)」から、プラン例をご紹介します。

フラット対面I型 アイランド クチュールミディアム (セントロ)

フラット対面I型 アイランド クチュールミディアム (セントロ)

おしゃれで開放的なアイランドキッチン。複数人でも作業がしやすく、ホームパーティーにもぴったりです。キッチンに併設されたリンクカウンターは、様々な用途で活躍します。動線が短く効率よく作業ができる配置です。白を背景にしたブラウンのキッチンが、空間に品格を添えています。

I型 壁付け ビジューアメジスト  (セントロ)

I型 壁付け ビジューアメジスト  (セントロ)

壁付けにしたキッチンと、並行するカウンター。その配置から「U列型キッチン」とも呼ばれています。調理スペースを2カ所に設けることができるため、複数人でも効率よく作業ができるうえ、LDを見渡せる対面型の良さもあわせ持っています。彩度を抑えた石目調のピンクが、やわらかな空間にアクセントを与えています。

L型 造作対面 ナチュラルビーチ  (セントロ)

L型 造作対面 ナチュラルビーチ  (セントロ)

ダイニングにいる家族やママ友と会話を楽しみながら料理ができる、対面型キッチン。作業中の手元を隠せるよう造作壁で仕切られています。ナチュラルな素材やホワイトブリック、手作りの飾り棚でやさしい印象の空間になっています。

お手入れのしやすさにこだわりたい

毎日のキッチン作業を快適にするには、お手入れのしやすさも大切なポイント。クリナップのキッチンには、お手入れのラクにするアイテムが揃っています。

流レールシンク

水を流しているだけでシンクに落ちた野菜くずなどのゴミが、排水口にセットされた網カゴに自然に集まるシンク。排水口はシンクと一体構造で継ぎ目がないため、お掃除もラク。さらに親水性のセラミック系特殊コーティング(美コート)が、汚れをガードしてくれます。

流レールシンク

洗エールレンジフード

掃除に手間がかかるレンジフード。「洗エールレンジフード」なら、給湯トレイにお湯をセットして、ボタンを押すだけでフィルターとファンをまるごと自動洗浄! お掃除がラクなだけでなく、使用水量も少なく節水になるので、家計にもやさしいアイテムです。

洗エールレンジフード

収納をたっぷりにしたい

クリナップのシステムキッチンは、収納についてもきめ細かく配慮しています。ショールームを訪れた際は、料理や洗い物をしている気分で、収納の使いやすさ、出し入れのしやすさも体感してみてください。ここでは、「STEDIA(ステディア)」に採用している収納アイデアをご紹介します。

ツールポケット

コンロキャビネット
コンロキャビネット
シンクキャビネット
シンクキャビネット

「ツールポケット」は、上段の引出しの手前側に設けた、幅約20cmの収納スペース。料理でよく使うものを収納しておくと、引出しを20cmほど開けるだけですぐに取り出すことができるので、家事効率がUP!

スライドボックス

コンロキャビネット
コンロキャビネット
ベースキャビネット
ベースキャビネット
シンクキャビネット
シンクキャビネット

「スライドボックス」は、引出しの中の上部空間を活用した収納。例えば、コンロキャビネットならコンロで使う重い鍋、調理スペースであるベースキャビネットは調味料、シンクキャビネットならボウルやザルなど、使う場所ごとに収納物を整理すると、効率よく作業が進みます。

快適に料理したい

作業効率が悪いとイライラがつのり、料理をしたい気持ちも半減してしまいます。ここでは、使い勝手を高めて、楽しいキッチンライフをサポートする「CENTRO(セントロ)」シリーズのアイテムをご紹介します。

クラフツマンデッキシンク(セントロ) クラフツマンデッキシンク(セントロ)
クラフツマンデッキシンク(セントロ)

自由に動かせるサポートプレートを使えば、シンク上まで広がる2倍の作業スペースが生まれます(写真左)。また、水洗い時(写真右)はサポートプレートを外し、シンクを広々と使うことができます。

センターポジション設計(セントロ)
センターポジション設計(セントロ)

キッチンでの作業のムダを見直して効率化を徹底追及。キッチンの中心に立って、調理や後片付けなどのひととおりの作業ができます。

ショールームでぜひ本物を体験してみよう

カタログやWEBサイトで調べたら、実物を確認しましょう。カラーについても紙面やパソコンのモニターで見るのと、実物とでは異なる場合がありますので、必ず自分の目でご確認を。
さまざまなレイアウトやプランのキッチンを展示していますので、高さやサイズ感を確認するとともに、引出しやなどを開閉して使い心地を確かめてみてくださいね。

ショールームでぜひ本物を体験してみよう

お近くのショールームを探す

新規CTA

お役立ち情報一覧に戻る

キッチンリフォームNOTE
お近くのショールームを探す

Page Top