正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

リフォームの流れ

リフォームはしたいけど、具体的にどのような手順を踏めばいいのかがわからず、なんとなく不安という方も多いことでしょう。ここでは、わかりやすいリフォームの手順や注意点を解説します。上手に進めていけば、リフォームで「あこがれの暮らし」を手に入れることも決して難しいことではありません。

リフォームの準備

リフォームの準備

リフォームへの要望を整理する

現在の住まいに対する不満や家族の要望をリストアップ!
リフォームへの第一歩は、要望・希望の整理から始まります。

  • 家族全員で改善したい点を全てリストアップ
  • 現状での不満や問題点を明らかにするために、「なぜ、リフォームしたいのか?」を明確にする
    問題点を整理し、”理想のリフォームプラン”のイメージをつくる
  • リストアップした項目に優先順位をつける
    (家の構造や予算などの制約を受けたとき、取捨選択がしやすくなります)

リフォームに関する情報を収集

カタログや雑誌などから情報を集めたら、ショールームへ相談に行きましょう!
次はリフォームに関する情報収集です。

  • 「どんな機能があるのか」、「どんなデザインが人気なのか」など、カタログを取り寄せたり、雑誌やインターネットを見たりして、情報収集をする
  • ご近所やお友達のなかにリフォーム経験者がいる場合は、その人から体験談を聞く
  • 最新の設備を実際に見るために、ショールームに行く(ショールームでは雑誌などに載っていない細かな情報が得られますし、適切なアドバイスを受けることもできます)
ショールームの情報はこちら

ショールームの情報はこちら

リフォームイメージを固める

大まかなプランニングイメージを固め、マンションの場合は管理組合への連絡も忘れずに!
集めた情報をもとに、家族で大まかなプランをたててみましょう。

  • 希望の色やサイズ、間取りなど、全体的なイメージを明確にし、"理想のリフォームプラン"に固める (細かなところは専門業者にお願いする)
  • マンションにお住まいの場合は、この段階で管理組合に連絡しておく(リフォームについて細かいルールを定めているマンションもあるので、確認しておく必要があります)

リフォーム店に相談

リフォーム店に相談

依頼する業者を探す

業者を何件か訪ねて、総合力を判断。相性のいい業者を探しましょう。

  • 業者ははじめから1社に絞り込むのではなく、必ず複数の会社を訪ねて、人柄や提案力・実績、会社の雰囲気などを総合的に見て判断しましょう (候補となる業者を、チラシや雑誌、インターネットなどで幅広く探す)
  • リフォーム専門業者のほかに、住宅メーカー、設備メーカーからデパートまで、さまざまな会社がリフォーム業界に参入しており、内装を得意とするところ、インテリア提案を得意とするところなど、それぞれ得意分野が異なるので注意しましょう

クリナップテクノサービス
クリナップの100%出資子会社である、クリナップテクノサービスは、クリナップ商品の取付・設置、アフターサービスを担当しています。豊富な実績に加え、信頼できる技術、アフターサービスまで、高品質のサービスを提供しています。ぜひお気軽にご相談ください。

リフォーム相談フォーム

水まわり工房
全国に4,000店以上のクリナップの契約工務店「水まわり工房店」から、お近くの店舗を探しましょう。きっと、信頼できる水まわり工房店が見つかります。

水まわり工房

具体的なプランを相談する

業者に具体的なプランを相談し、見積もりを取りましょう。

  • いくつか候補が見つかったら、住まいに対する不満点や"理想のリフォームプラン"を伝え、具体的なプランについて相談しましょう
  • 相談時には間取り図を用意し、実際に家を見てもらいましょう
  • 制約の多いマンションなどの場合は、配管・配電図も用意しましょう
  • 出てきた見積もりを比較検討する際は、金額だけでなく相談のときの対応や実績を見て最終的に依頼する業者を絞りましょう)

予算の確認と準備

実際にかかる費用を概算し、しっかりした資金計画を立てましょう。

  • 依頼したい業者から出てきた見積もりが予算よりも高かった場合は、これだけはゆずれないという要望と予算を大枠で示し、その範囲で工事はできないか率直に相談してみましょう
    ただし、素材のランクを落とすと、何年後かに再度リフォームが必要になり、長い目で見れば割高だったということにもなりかねないので、安易に費用を抑えることは避けましょう
  • 満足できるリフォームにするためにも、子供の学費やその他のローンなどの出費等も計算に入れながら、10年、20年という長いスパンで資金計画を立てましょう
  • 貯金だけで足りない場合は各種リフォームローンがあるので、提携ローンがあるか業者に尋ねてみましょう

リフォームスタート

リフォームスタート

プラン決定と契約

納得するまで図面を確認し、契約書も細かくチェック。
契約後はご近所へのご挨拶も忘れずに。

  • トラブルを避けるために、納得するまで図面や契約書を確認しましょう
  • 取り付ける設備などは口約束だけで依頼するのではなく、できる限り設備名が具体的に記入された見積明細書をもらうようにしましょう
  • 予算とプランの調整ができたところで、いよいよ契約となります
  • 契約が済んだら、工事音などでご迷惑をかけることにもなるので、ご近所にお詫びとご挨拶をしておきましょう
  • マンションにお住まいの方は、管理組合よりリフォーム工事の了承を取ったのち、ご近所にご挨拶しましょう

リフォーム工事スタート

現場はなるべく自分の目でチェックし、追加や変更はできるだけ控えましょう。

  • 工事がスタートしたら、進行状況を自分の目でチェックしましょう
  • 疑問があったら、職人さんではなく担当窓口になっている営業の人に聞きましょう
  • 工事進行中の追加や変更は、余計なコストがかかるうえ、工事の段取りが狂い、時間もかかってしまうので、なるべく避けましょう
  • どうしても必要な場合には、トラブルを避けるために再度依頼書を取り交わすようにしましょう

リフォーム完了

図面どおり仕上がっているかチェックし、不備がなければリフォーム完了!

  • リフォーム工事が完了したら図面どおりに仕上っているか、チェックしましょう
  • 担当者とともに、照明がつくか、設備が動くかなどを確認しましょう
  • 確認の際に保証書と取り扱い説明書を受け取り、使い方も教えてもらいましょう
  • もし、工事内容に不備があった場合には、いつまでに工事を行うのかを話し合い、約束事を書面で残しましょう

新しいキッチンライフスタート!

理想のリフォーム空間で快適な生活のはじまりです!

  • 不備がなければ、晴れて引渡しです。夢を叶えた快適なリフォーム空間で新しい生活を楽しみましょう!
  • 業者によっては引渡し後に定期検査があります。アフターサービスは会社によって異なりますが、不具合が生じた際には業者に連絡を入れましょう!
smile20

クリナップの20年サポートプログラム
「スマイル20」はこちら

新規CTA

お役立ち情報一覧に戻る

キッチンリフォームNOTE
お近くのショールームを探す

Page Top