正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

お知らせ/ニュース

キッチン白書2018公開「理想の食の場は?癒しか、家族のコミュニケーションか?」〜男女の不満と理想の違いが明らかになった、食の場事情〜

2018年4月12日

クリナップ(本社:東京都荒川区  代表取締役 社長執行役員:竹内 宏)は、昨年につづき、生活者の変化の兆しを求め、キッチン周辺環境の生活者実態調査を『キッチン白書2018』としてまとめ、公開します。

今年度は「食の場(食事をする部屋、食事をする場所、食卓を囲む状況)」について調査を実施し、性別、年代別に「現状への不満」そして「理想」について分析を行いました。
これにより、不満を感じている人が多いピークは、男性では50代、女性では30代であることが明らかに。それぞれの「理想とする食の場」については、男性50代が「テレビが見られる部屋」に続き「ゆったり・のんびりできる空間」「落ち着いてリラックスできる空間」と、癒しを求めるのに対し、女性30代は「家族の集まる空間」に続き「会話やコミュニケーションを楽しむ空間」「ゆったり・のんびりできる空間」と、家族のコミュニケーションを重要視しています。全体では、男性が全世代で「ゆったり・のんびりできる空間」を支持したのに対し、女性は60代を除く全世代で「家族が集まる空間」を支持しており、男女の「食の場」に求める理想の違いが浮彫りとなりました。
また男性で「家族の集まる場」がトップ3に入ったのは、20〜30代のみで、自身の婚姻により「家族」を意識し始めることもうかがえます。
そのほか、主にキッチンで食事をする人の動向についても、分析結果を掲載しています。

詳細は添付の『キッチン白書2018』をご覧ください。
4月19日からウェブサイトでも公開予定です。
http://cleanup.jp/oikura/

【アンケート調査概要】  
 実施期間:2017年8月1日〜9月8日
 調査地域:全国
 調査対象:月1回以上調理をする男女20〜60代
 回答数:1000名(性年代均等割付)
 調査方法:インターネットによるアンケート調査


女性30代の理想の食の場イメージ


男性50代の理想の食の場イメージ

「おいしい暮らし研究所」とは・・・
キッチンを通じた、楽しいふれあいの場作りに貢献するために、生活者の食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップ(株)の研究部門です。

一覧へ戻る

page top

Page Top