CSR活動

レスリング「U-23 第1回世界選手権」で日本代表の河名真寿斗選手が金メダルを獲得しました!

クリナップ(本社:東京都荒川区 代表取締役 社長執行役員:佐藤 茂)が運営する、レスリング部の河名真寿斗選手(男子グレコローマンスタイル59kg級)が、11月21日(火)〜26日(日)にポーランド・ヴィドゴシュチュで開催されたU-23(23歳以下)の第1回世界選手権に日本代表として出場し、金メダルを獲得しました。

河名選手は、初戦をテクニカルフォールで完勝。続く2回戦、準々決勝、準決勝、決勝は接戦を繰り広げ、持ち前の粘り強さと大会直前に参加した1ヶ月間のハンガリー武者修行の成果を発揮し、見事世界チャンピオンに輝きました。

試合後には「第1回大会で優勝し、歴史に名を残せたことを嬉しく思います。ほとんどの試合が、終盤での逆転勝ちでした。自分の得意な形に持っていくまでに、相手に有利に立たれるなど反省点も多く見つかる試合でした。また気を引き締めて、天皇杯へ挑みます。」と12月の全日本選手権への意気込みも堂々と語りました。

クリナップは1992年にレスリング部を創部以来、企業スポーツとして運営して参りました。 これまでシドニー五輪代表の宮田和幸選手や、天皇杯全日本選手権大会で5連覇を達成した長島和幸選手、今年パリで行われた世界選手権で銅メダルを獲得した鈴木博恵選手など、優秀な選手を多数輩出して参りました。生産拠点である福島県いわき市では、キッズレスリングも支援しています。クリナップは、今後も日本のレスリング発展に貢献して参ります。


U-23第1回世界選手権で金メダルを獲得した河名選手

page top

Page Top