キッチンの整理収納で【時短】始めませんか?

キッチンの整理収納で【時短】始めませんか?

3ステップで出来る!調理の時短を叶えるキッチンの
整理収納

調理における"時短術"というと、どのような方法を思い浮かべますか? 電子レンジなどの調理家電の活用、複数の鍋やフライパンを使った同時調理、調理工程の省略・・・。 ついつい、調理法に目が行きがちですが、実は収納を見直すだけでも時短につながるポイントがあるのです。 アイテム数が多いキッチンだからこそ、収納を見直すことでより時短効果を実感して頂けるはずです。 減らす、まとめる、見渡せるの簡単3ステップで、収納から時短を始めてみませんか?

Step1よく使うモノのみ収納。モノを探す時間が減ります!

Before After01

収納とは「モノを使いやすくすること」です。「モノを沢山詰め込むこと」ではありません。時短を叶えるためにまず、「どの程度の頻度で使っているか?」でアイテムを整理してみましょう。よく使うアイテムだけを収納し、使わないアイテムは思い切って処分するか箱に入れて別の場所に保管します。

!Before → Afterを動画でチェック

「探す時間がゼロになる」ことによる動きの違いを
比べてみましょう!

Step2使う場所を考えた収納。動線が短くなり、効率がアップします!

Before After02

整理ができたら、使用頻度と使う場所を考慮してアイテムを収納しましょう。コンロ周りで使うフライパンや鍋類はコンロの近くに、水回りで使うことの多いザルやボウルはシンクのキャビネットの近くに収納するのがお勧めです。動線に沿った収納で効率がアップするだけでなく、無駄な動きを減らし、体への負担も軽減されます。

!Before → Afterを動画でチェック

「動線が短くなる」ことによる動きの違いを
比べてみましょう!

Step3引き出しが見渡せる収納。ワンアクションで取り出せます!

Before After03

収納場所が決まったら、取り出しやすさを考えて収納しましょう。引き出しは重ねて収納をしてしまいがちですが、下のモノを取り出すには、上のモノを一旦取り出さなければいけません。ファイルボックスなどを使い、上手に立てて見渡せる収納にすることで、ワンアクションで取り出すことができます。

!Before → Afterを動画でチェック

「モノが見渡せる」ことによる動きの違いを
比べてみましょう!

記事の監修

丸山としこさん
<整理収納アドバイザー>
丸山 としこ / スタイル収納
profile page

東京・神奈川を中心に、整理収納アドバイザーとして活動。企業向けに、セミナー講師や収納コーディネート、インテリアコーディネートも担当している。 「使いやすさ」と「見た目の美しさ」を両立させる収納は、女性からの支持も厚い。

撮影協力

竹内美由紀さん
<写真・動画>
竹内 美由紀 / フェアリーローズ
profile page

埼玉県入間市のご自宅で、アロマ、テーブルコーディネート、紅茶、パン作りを学べる教室 「フェアリーローズ」を主宰。レッスンを通して、女性がイキイキと輝ける生活を応援している。

整理収納をショールームで体験

整理収納をショールームで体験

ハウスキーピング協会監修の整理収納を実践したキッチンを展示中。整理収納アドバイザー資格を持ったショールームアドバイザーがご案内します。お気軽にご相談ください。

クリナップキッチンの整理収納

  • S.S.(エスエス)の収納

    フロアコンテナは500ml缶やカセットガスなども立てて収納できる高さが魅力。奥行すべて引き出せるので奥のものを取り出すのもらくらく。
    S.S.(エスエス)の収納

  • クリンレディの収納

    ボタンひとつで吊戸棚が自動昇降。調味料や食器などを収納する場所だからこそ、材質は清潔で丈夫なステンレス製。
    クリンレディの収納

  • ラクエラの収納

    調理作業中によく使う道具や小物を収納する「フォローパレット」は扉と連動。調理がもっとしやすくなります。
    ラクエラの収納

クリナップ オンラインショップ

収納上手

Before & After